介護の仕事に転職する理由

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b

介護職への転職を希望する動機とは

現在ではすっかり定着した介護という仕事です。他の一般的な職種と並んで、新卒の就職先としても選択されています。

そんな介護職への転職を考える時、その理由と背景を少し考えてみましょう。

介護職への転職理由とは

色々な事情を元に「介護職への転職をした際の理由」を訪ねたデータがあります。その中身を見てみると、、、
・人の役に立ちたいから
・仕事が安定している、無くならない
・親族の介護をきっかけに興味があった
・自分も将来介護される側になるから

といったものでした。それぞれの背景を紐解いてみます。

人の役に立ちたい

介護を目指す大前提としての「定義」みたいなものとも言えます。これなくして介護は出来ないと言ってもいいかもしれません。

誰かが必ずやらなくてはならない仕事である介護です。介護の実情として、現時点では今後も減る傾向にある介護従事者ですが、誰も知らん顔では前に進みません。

仕事が安定している、無くならないから

収入を期待するのは難しい介護という仕事です。ですが、利益追求で結果としてその仕事を失う業種は沢山あります。

中長期的な考え方として、継続して安定的に出来る仕事と考える方もいらっしゃるようですし、現時点で今後の高齢化を考えると間違いではありません。

親族の介護をきっかけに興味を持った

対価が発生せずに家族介護をするというのは、本当に難儀な事です。

親身になった「親族の介護」で得たその想いを無駄にしたくないという想いから、この仕事を選択する方も少なくありません。

プロとしての介護を目指す、そういった気持ちの表れとも言えるでしょう。

自分も将来介護される側になるから

興味を持ったという理由と似ていますが、その「責務感」から来るものが大きいようです。社会への恩返しを先にしておこうという考えです。

やはり誰も避けて通れない介護を自ら選択するというのは、いざという時の知識としても備えになります。

最後に

介護は個人の問題だけではなく、国全体の課題となりました。反面、介護従事者の処遇は改善される傾向にあるとは言えません。

3K労働と言われた時代から何か変わったのか?国が主導していても、結果として何も変わっていないのではないか?色々な意見があります。

そんな介護職だからこそ、転職して尽力したいという人が増えているのも事実です。ですが、介護離職者も止まる傾向にありません。

理由はどうあれ、その「興味となる理由」を無駄にしない事が日本の介護の将来を支えていく事は間違いではありません。

福祉のその意味をもう一度、まずは国が考えそれに同調する人が増えてくれる事が急務と言えるでしょう。

介護職へ転職を希望する動機を聞いてみました。

私は介護職という仕事を知ったのは母が介護職を行っているからでした。なので小さい時から介護職という職種は知っていました。でも、しんどい仕事だということも同時に思ったことを覚えています。だけれど、しんどい以上に今必要とされていて、ひとのやくにたてるという仕事なのではないかと思いました。そこから資格を取りに行き、介護職につきました。
もともとホテルマンだったのですが、介護職へ転職を決めたのは、一緒に住んでる親の面倒を自分がみたいと思ったことから、介護職へ転職を決めました。まずはホームヘルパー2級の資格を取ることから始め、実習などを重ね、特別介護老人ホームでの仕事が決まりました、いろいろしんどいことは多いですがそれがよい経験になり、自分の親の介護にもきっと役立つと思います
私の場合は母が介護の仕事をし、女手ひとつで私を育て、四年制大学まで通わせてくれました。
大学は福祉系大学で、奨学金をもらいながらバイトをし通いました。
母の背中を見ていたこともあり、介護という仕事は幼いころから知っていました。
でも実際に自分が就いてみてわかりましたが、重労働のわりに給料が安い仕事だと思いました。
でも、やはり利用者さんは可愛らしいと思いますし、難しいと言われている人が笑顔を見せてくれた時にはお金には代えられない価値があると思います。
何度か転職をしてきましたが、やはり自分の思う介護と合わない施設・事業所で長く働き続けるよりも、自分に合った施設・事業所を探して転職を繰り返しています。
きっとこれからも自分に合った施設を探して転職するでしょうし、満足がいかなければいずれは自分で開業…なんてこともありえるのかもしれません。
やはりこの仕事は、いつも頭のどこかで「自分の親や大事な人を利用させられる介護を、自分がしているのか」と考えながらも、この仕事を続けていくのではないかと思います。
私は出産を機に、それまで勤めていた会社を退職しました。
数年したらまた共働きで家計を支えるつもりでおりましたが、保育園は空きが無く、申し込んでも求職中では入園を諦めるしかありませんでした。
幼稚園に入園しても、なかなか時間の融通が利きませんので、介護の資格をとり、そちらの分野で働くことにしました。
以前は営業事務をしていました。
ホームヘルパーは求人も多く、自分のスタイルに合わせて働けるので、転職して良かったです。
仕事とは、得意なことで社会貢献することだとおもいます。介護の仕事は大変ですが、利用者の方と直接ふれあうため、社会貢献しているということをわかりやすく実感できるやりがいのある仕事です。人とふれあうことが好きということと、社会貢献できるやりがいのある仕事がしたいということから、介護職への転職を希望します。
給料は他の職種よりは少ないと思いますが、求人がたくさん出ているので事業所を選ぶ選択の幅は広いです。会社勤めのころは業績やノルマに追われる日々が続き、精神的にクタクタになってしまいました。介護の仕事ももちろん大変なことがたくさんあるでしょうが、ご高齢の方の介護、関わりで人の役に立てたことを実感しやすく、やりがいを感じるのではないだろうかと思いました。
私は、介護職への転職を最初から考えていたわけではありませんでした。前職のサービス業を辞めてから、身体に負担のない事務職の仕事を探していたのですが、事務職とは全く関係のない専門学校を卒業しているので学歴もあてにならず、事務職の経験もない私は、何十社受けても合格通知はなかなか頂けず、それが何ケ月も続きました。しかし何カ月も無職というわけにはいかず、人手不足の介護職の求人は常に大量に出ています。ですので、自分が生きていくために介護の道を選びました。
子供の頃からおばあちゃん、おじいちゃんっ子で、私が小さい頃から両親が介護福祉士で病院で働いており、ボランティアなどで、よく、両親の職場に遊びに行ったり、お年を召した方と接するのは、元々抵抗ありませんでした。介護の仕事とは離れた仕事をしていましたが、高齢の方を見かける機会が多い事と人の役に立てる仕事をしたいとおもったのがきっかけです。
私は、保育士から介護職へ転職しました。
動機は、少子高齢化と取りざたされている今の世の中で、これから先、安定した収入を得られるのか?人員削減でクビになるのも遠くはないのでは?という不安と、介護職員をしていた友人からのお誘いでした。
友人の誘いを受け、施設の見学をしに行ったところ…とても綺麗な施設で、利用者様もイキイキとしていて…想像していた「老人ホーム」とは全く違うものでした。
その後すぐにハローワークへ行き、面接・採用でした。
介護職は3Kのイメージが強いですが、そんなことは全くありません。
これから先、安定した収入を得られる、良いお仕事だと思います。
転職を考えていらっしゃる方は是非!介護職を選ぶことをお勧めします。
若頃は自分のやりたい仕事をやりました。結婚して専業主婦を経て、再就職した時は、子供がいた為、家事と育児と仕事を両立出来るところで、時間や休みの融通がききやすいところを一番に職を選びました。だいぶ子供の手が離れた時に、この先長くしていける仕事を考えた時に、高齢化ですし、介護は、これから必要とされる仕事で、資格を持っていると心強いかなと、職に困らないのかなと思いました。