介護職から他職種への転職(介護離職)

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b

他職種への転職

社会問題となりつつある介護ですが、逆にその介護職従事者の離職も問題となっています。

介護職から他職種への転職となる、その理由について考えてみましょう。

安定している介護職とその実態

一時期は「公務員化される」とまで噂された介護職です。実際、その背景として「日本の要介護化」が見られ高齢化率は上がっていく一方です。

仕事の有無として見るなら、今後無くならない仕事と言えますし安定して必要となる仕事でもあります。

しかし、収入の面からしてみると本当に安定しているとは言えない状況です。

仕事において安定とは、継続的に仕事があり経年と共に昇給していく事で、それにはもちろん賞与等の環境も確保されていなくてはなりません。

そういった面から介護を見ると「必ずしも安定している」とは言えません。過酷な仕事と対価が見合っているかは疑問が残るところです。

介護から離職していく理由

その多くはやはり「給与面」が理由となっています。自分の生活を考えたうえで仕事は選択され、そうでなくては仕事は継続出来ません。

気持ちがいくらあっても、結果として「継続出来ない理由」があっては何もならないのです。

また、休まらない人間関係に追われるという理由もあるようです。他の職種もそうかもしれませんが、やはり介護は人相手の商売でもあります。

看護師と似た性質もありますが、直接的ではないにしろ命に向き合う瞬間も少なくありません。

巡り巡って最後の「もらえる対価」が少ない事で、それまでの理由を益々マイナスに捉え離職に至っています。

介護離職者の転職先とは

介護時代の給与面から、やはり「少しでも給料が高いところ」を理由にして転職先を探す人が少なくありません。

他職種の自分の同世代に比べると、どうしても介護職は給料が安い傾向にあります。そのため「些か損をしてきた」と思う方もいらっしゃいます。

しかし、転職を考えている中で「介護職を始めた理由」を思い出し、結局は人との触れ合いがある職種を選択するという方がいます。

こういったケースは「介護職の中で給与面を比較して」転籍するようです。

将来設計が難しい背景の介護職

男女に関わらず、年齢と共に将来の人生設計は共通です。しかし、現在の日本における男性介護職員の給料では住宅ローンを組む事すら難しいと言われます。

自分の生活が回らない、そんな理由を抱えたまま介護職を続けるのは仕事の過酷さを一層倍増すると言えるでしょう。

「仕事をする=自分の幸せ」がある程度成り立たなくては、目の前の理想があろうとも継続は出来ません。

介護離職者を減らす、と一言で言っても現段階では国に具体的な策はありません。どれだけ策定してもそれは実現身を帯びなくては具体的とは言えません。

今後を考えたとしても、かなりの処遇改善がなされなくては介護離職者は減らないと断言出来る状況にあります。