介護サービスへの転職を考える

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b

介護職への転職、どんなサービスを選ぶ?

企業の倒産に伴う転職は、もはや当たり前になってきました。そんな時、もう失敗したくないという想いから介護職への転職を考える人も少なくありません。

一番の理由として、大きくは稼げないものの安定して仕事があるからというものです。

そんな時、どんな介護サービスを選べば良いのか?

介護サービスは意外と参入しやすい!?

主に中小企業の介護サービス参入が多くなってきました。その背景として「利益は少ないものの安定して仕事がある」事が理由に挙げられます。

これは国として介護サービスの強化も目的としているため、全国的に介護事業への異業種からの参入がしやすくなっています。

同時にこれは働き手にも言える事で、新卒だけでなく転職を考える人にも有利な状況と言えます。

介護サービスは非常に多くの種類がある

介護をイメージする時、その多くは「老人ホームやデイサービス」を思い浮かべる方が多いでしょう。

いわゆる「施設での介護」というのが一般的です。実は介護サービスと一言で言っても、数多くの種類とその難易度は様々です。

せっかく転職するからこそ、次は失敗しないために「正しい選択」をする必要があるでしょう。

転職しやすい介護サービスとは?

介護業界への転職を考える時、一番多いと言われるのが「デイサービス」です。これは実に多くの施設があり、その形態も多種多様になってきました。

デイサービスには当然一定の基準が設定されており、何をしてもいいという訳ではありません。所定のサービスはどこの事業所でも行われています。

ですが最近では利用者獲得に向け、施設毎の「特色を出している」と言えます。これにより中々差別化しにくい介護サービスで「選択肢」という幅を広げています。

言い換えるなら「働く側にも働く場所を選択出来る」と言えます。

一口にデイサービスと言っても、その特化している部分をもとに自分に合っているかを事前に考える事が出来ると言えるでしょう。

デイサービスで介護業界転職を狙ってみる

現代では介護をする際、どうしても「資格」が必要になってきました。ですが、介護サービスによってはその利用者の介護を必要とする量は違ってきます。

比較的介護が重度化していない利用者が多くなるデイサービスでは、介護する側の職員設定にも「補助」というものが存在します。

これは雇用形態として非正規となる場合が多いのですが、もしこれから中途で介護を始めようと考える時、非常に有利であると言えます。

結果として無駄な経費を抑え仕事をしながら考え、それが今後続けていけるかを判断し資格を取得するといった流れを選択できます。

まずはやってみて、それから資格を取得する事でその資格を無駄にする事も無くなります。

介護職は沢山ありますが、やってみたいと考えせっかく転職しても結局離職する、という人も多くなっているのも事実です。

興味を持った、安定した仕事をしたい等、介護への転職を考える時その理由は様々かもしれません。

その想いを無駄にしないためにも、介護への転職を成就させるための第一歩が「介護サービスの選択」を間違わない事と言えるでしょう。