認知症は予防できるのか

高齢者ねっと

認知症の予防について

認知症の疫学

 厚生労働省によると、日本の認知症患者数は2012年の時点で約462万人と言われています。

これは65歳以上の高齢者の約7人に1人にのぼります。

 今後高齢化が進むにつれて患者数は更に増加すると予想されます。

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者数は700万人前後となり、65歳以上の5人に1人を占めると推計されています。

認知症は予防できるのか

 現時点では残念ながら、認知症の絶対的な予防法は確立されていません。

しかし、多くの研究がなされた結果、「認知症になりにくい習慣」が徐々に判明してきました。

 認知症の予防方法は大別して2種類あり、認知症になりにくいように生活習慣を整えることと、認知症になると低下する能力を鍛えることが挙げられます。

 これらの配慮は高齢者にはもちろんのこと、既に認知症を発症している高齢者にも有効で、認知症になる時期を遅らせたり、認知症の進行を阻むことが期待できるでしょう。

認知症になりにくい生活習慣

 食事や運動などに目を向けることは生活習慣病の予防に役立ちますが、これらは認知症予防にも関連すると言われています。

また、生活習慣病の代表的な疾患でもある高血圧や糖尿病はアルツハイマー型認知症の危険因子とされています。

生活習慣病を予防することが認知症の予防にもなると言っても過言ではないでしょう。

介護現場で働くスタッフは一度、在宅でも施設でも関わりを持つ高齢者の生活習慣を見直してみていください。

 食事に関しては、ビタミンEを多く含む食物が認知症発症を抑制する効果が報告されています。

ミネラルの摂取が少なかったり脂質の摂取量が多いことが、認知機能の低下に繋がることも報告されています。

魚、野菜や果物を意識して、バランスのよい食習慣を心がけましょう。

 睡眠に関しては、規則正しい十分な睡眠が求められます。

朝に起床してある程度早い段階で太陽光を浴びることや、30分以下の昼寝習慣も有効と言われています。

 運動習慣や対人接触、知的行動などを活発に行うことも、認知症の発症を低下させると言われています。

可能ならば週に3日以上の有酸素運動を行うことで、高齢者に起こりがちな筋力や体力の低下も防止できます。

知的行動とは「新聞を読む」「趣味にいそしむ」「美術館巡りをする」などです。

認知症予防の観点のみならず、人生を大いに楽しむことでQOLの維持・向上に繋がるでしょう。

私は個人的に対人接触が認知症予防に非常に重要なことであると考えます。やはり人は、他者と関わりをもち人として尊重されることで、人間らしい人生を全うできると言えるのではないでしょうか。

近年多くのメディアで取り上げられている認知症ケアの「ユマニチュード」も、対人接触による効果の大きさを実感できることと思います。

認知症で低下する能力のトレーニング

 認知症発症の前段階では、通常の老化現象とは違った認知機能の低下が見られることが多いです。

この最初に低下する機能が「エピソード記憶、注意分割機能、計画力」と言われています。

認知症になる前からこれらの能力を鍛えることで、認知症発症を予防したり増悪を防止することにも有効であるようです。

 エピソード記憶とは、いつどこで何をしたかなどの体験を思い出す機能です。これを鍛えるには、日記を数日遅れでつける、レシートを見ないで家計簿をつけるなどがあります。

 注意分割機能とは、複数のことを同時にうまく行うように注意を配る機能です。料理を何品か同時に作ったり、2人以上の人と会話をするなどです。

 計画力とは、段取りを考えて実行する能力です。旅行や買い物の計画を立てる、将棋や囲碁など頭を使うゲームをすることで、脳が活性化されます。

認知症は特別な病気ではなく、高齢になれば誰でも発症する可能性のある身近な病気ととらえて、予防していきたいものです。

また私は、認知症を発症してもQOLを維持されていると感じられる高齢者を多く見てきました。

介護スタッフの皆さんの尽力により、高齢者が快適で安全な暮らしを継続していくことは可能だと考えます。