高齢者施設に入る理由やその為の流れ

青空と桜の木

施設の相談員という立場から

私は以前、高齢者住宅の生活相談員をしておりました。

生活相談員という仕事は、施設に入居希望のあるご家族やご本人から入居に向けての相談を受けたり、入居してからも施設のスタッフとご本人、ご家族、又は他の専門職との連絡調整を行います。

ご家族を施設へ入居させたい、又はご本人から施設へ入居したいのだけど、と電話での相談、面談を数多く行っていました。

施設を希望する理由

施設入居を希望される理由はさまざまですが、ご家族が希望されているパターンと、ご本人が希望されているパターンと大きく二つに分けることができます。

まず、ご家族が希望される理由としては、今まで在宅介護を続けてきたが、体力的・精神的にも限界である、仕事と介護の両立ができなくなった、又は介護をしていた方が亡くなった等がありました。

また、骨折などの怪我により入院し、車椅子の生活となり、退院後に家に帰ることが難しくなり希望される方もいらっしゃいます。

他には、認知症を発症し徘徊、暴力、暴言などにご家族が疲労困憊し、施設を探されているという方もいらっしゃいました。

施設に入所するということをご家族が希望していても、ご本人が納得していないことや、認知症の為に施設に入るということを理解できず、入居後にトラブルとなるケースもあります。

ご本人が意思疎通を図れるのであれば、不安などないかご家族で話し合いをする必要があります。

ご本人より施設を希望される理由の多くは、一人暮らしで今後の生活が不安なので、元気なうちに施設を探しておきたい、家族に迷惑を掛けたくないので施設に入居したいというパターンが多いように思います。

入居までの流れ

施設に入居を希望される場合は、まずは見学に行き、施設の雰囲気を見てみましょう。

面談では、施設がどの様な種別であるかとか、料金体系を確認しましょう。

料金表に書いていない金額があるかもしれませんし、入居一時金が発生することもありますので、しっかり確認しましょう。

また、緊急時の対応や医療機関との連携はどのようになっているかも重要です。

入居までの流れ2

入居の前には、施設のスタッフとご本人との面談が行われることが多く、その後、施設が入居可能かどうかの審議を行うことがほとんどです。

医療依存度が高い方(胃ろうをされている方、毎日点滴が必要である等)や、暴力行為のひどい方は入居ができないこともありますので、心配であれば面談の際に確認されることをおすすめします。