高齢者の災害対策で備えておきたい物

101920

高齢者における災害対策

熊本地震の発生とその被害の甚大さは、記憶に新しいことと思います。

災害は人々の生活や心身の健康に大きな影響を与えてしまいます。疾患や障害を持つ高齢者への影響は更に大きなものになるため、いつ起こるかわからない災害に対して、日頃の備えが必要と言えるでしょう。

 災害が起こってしまった時になるべく高齢者の健康を維持するために、重要なことを考えていきます。普段から備えておくものについては色々なメディアに取り上げられているため、ここでは一般的な項目は列挙せず、備蓄品や非常用持ち出し袋に対して高齢者についての注意点を説明します。

高齢者に特有の必要なもの

お薬手帳や健康保険証の写し、常備薬や医療物品の予備、眼鏡や補聴器や杖、入れ歯の洗浄剤やオムツなどが挙げられます。

オムツやパットなどの消耗品は、非常事態が長引けば支援を受けることが期待できるものもありますが、当面のものは確保しておいてください。

眼鏡や杖などの矯正器具は十分に矯正できるものがベストですが、以前に使っていたものでもあれば安心です。

在宅における備え

在宅で療養している高齢者については、災害時には非常用持ち出し袋としてすぐに持ち出せるように準備しておくとよいでしょう。

高齢者自身が運べる重さ・形状にまとめることができればベストですが、肉体的・体力的に難しい場合も多いと思います。介護者が非常用持ち出し袋を背負う場合は、高齢者を連れた状態でも物品が運べるかどうかを考慮してください。

 また医療依存度が高かったり寝たきりの高齢者については、災害が発生しても避難が難しい場合もあります。非常時にどのような対応が必要になるのか、支援を得られる事業所などと一緒に考えておきます。

人工呼吸器などを装着している高齢者では非常用電源の確保は必須です。東日本大震災の発生時には、ライフラインが回復するまで一時的に入院するALS患者などもいました。

介護施設の備え

 施設では利用者とスタッフを含めた大人数が過ごしています。ライフラインが断絶したときの物資の補給は、拠点病院等ほど優先度が高くないことが予想されます。

そのため、施設などではできれば全員が一週間ほど過ごせる備蓄をしておくと安心です。

 東日本大震災では、備蓄された食料の賞味期限が切れているという事態がよく聞かれました。

長期間倉庫にあった毛布などが埃まみれで、喘息発作を誘発してしまった事例も聞きます。物品は定期的に点検し、メンテナンスや期限の確認をしてください。

 また介護施設では、スタッフの連絡網などが必要になります。実際に東日本大震災では、スタッフはシフトに関係なく寝泊りして勤務していたという話をよく耳にしました。

出勤したくてもガソリンがなく電車や道路も断絶したために通勤手段が失われたり、逆に帰宅困難になったスタッフも多くいたようです。

震災の発生時には、自宅にお子さんや要介護者がいるスタッフは先に帰らせてあげたり、勤務可能なスタッフは出勤するなど、臨機応変で互いに思いやりを持った対応が必要となるでしょう。

水や食料品

 食品は、火がなくても食べられるものも必要です。最近では、お湯がなくても水で戻して食べられる食品も販売されています。

固形食が食べられない高齢者のために、ペースト状のものや栄養補助ゼリーなどもよいでしょう。

水について1人分として1日3リットルが必要と言われています。

これは飲用水の1.5~2リットルの他に、洗浄用の水などを含めています。

飲用水に制限がありトイレも流せないような状況では飲水を制限してしまいがちですが、高齢者は脱水になりやすいことを念頭においてください。

また、非常時には入浴などをすることは難しいですが、感染症の防止のためにも最低限の清潔を保つことは必要です。