介護現場での吸引の目的と準備

101920

介護職の吸引

介護の現場での「医療」と「介護」の線引きは難しいものです。

吸引の処置は、以前は介護職には許可されていませんでした。

しかし、痰が貯留し呼吸苦を呈す高齢者に対して手をこまねいて吸引を行わずにいることは、高齢者にも介護職にとっても辛いものです。

また、在宅で頻回な吸引が必要な高齢者に対しては、介護職が吸引できないとご家族の介護負担が軽減されません。

これらの背景から平成24年に始まった「喀痰吸引等制度」により、介護の現場でも条件を満たせば吸引が可能になりました。

施設や在宅で介護職が吸引を行うためには、研修受講後に都道府県から認定証の交付を受けることが必要です。

吸引の目的

吸引は、口腔・鼻腔内や気管内の痰などの貯留物を除去する目的で行われます。これによって、窒息や肺炎を予防したり、呼吸状態の改善に繋がります。

吸引は実施される側も楽な手技ではないため、実施する側としても心苦しいものです。しかし、適切なタイミングと手技で吸引を行わないと、生命の危機に関わる可能性もあります。

また、吸引後は呼吸が楽になる高齢者も多いため、正しい方法を習得して行ってください。

ここでは以上の理由から、口腔・鼻腔内吸引についての手順を確認していきます。

準備物品

必要な物品は、対象の高齢者に応じて準備してください。特に在宅療養の場などでは、臨機応変に自宅にあるもので物品を代用することが求められることがあります。 
                                                 
・吸引器
・吸引カテーテル
・水
・アルコール綿
・手袋
・マスク
・エプロン

口腔・鼻腔吸引までの手順

1.吸引前に、吸引瓶に100ml程度の水を入れます。アダプタを中央排管に差し込んで、吸引圧がかかることを確かめます。

※吸引瓶に7~8割まで排液が溜まっている時には破棄します。1日1回は吸引瓶を洗浄・消毒してください。

2.対象となる高齢者に、吸引の目的や方法、時間などを説明して同意を得ます。

3.手袋・マスク・エプロンを装着します。これらは双方が感染源になることを防ぐ目的があります。

4.吸引器のスイッチを入れます。吸引管の先端を指で閉じて、吸引圧を-20kPa(-150mmHg)程度に調整します。

※吸引圧が低いと痰を取り除くことができません。しかし高すぎると、気管内の粘膜を傷つけるリスクが高くなります。圧を上げる時は医療者の指示に従ってください。

5.吸引カテーテルを袋から取り出し、吸引管に接続します。口腔内吸引の時には先端から約10センチ、鼻腔内吸引の時には15~20センチのところを持ちます。

6.利き手にアルコール綿を持ちます。

※利き手にカテーテルとアルコール綿両方を持つため、アルコール綿は薬指・小指で掴み、親指・人差し指・中指でカテーテルを掴むようにするとよいでしょう。