高齢者介護の現場における摘便について~実施方法~

101920

摘便は医療行為ですが、現在の介護現場ではやむを得ず介護職が摘便を行っている場合もあります。

摘便による事故を避けるためにも、正しい摘便の方法を確認していきます。

摘便の目的や準備までについては、別の記事で説明しています。
高齢者介護の現場における摘便について~目的と準備~

1.使用する指に潤滑剤をたっぷりつけます。

利き手(高齢者が左側臥位の場合は、できれば右手)の人差し指を使用する場合がほとんどです。潤滑剤は、高齢者の痛みを緩和したり、肛門や直腸を傷つけることを避けるために必ず使用します。

潤滑剤は、オリーブオイルやサラダ油、ワセリンなどで代用されることがあります。

2.潤滑剤をつけた指で、肛門周辺をマッサージします。

肛門部の緊張を緩めるために行います。可能な場合は高齢者に口呼吸をしてもらうとよいでしょう。

緊張したままでは指の挿入が難しく、十分に便を摘出できなかったり、周辺を傷つけるなどのリスクが高くなります。

3.反対の手で肛門部を開きながら、指を挿入します。

反対の手で上になった臀部(左側臥位の場合には、右のお尻)を引き上げるようにすると、肛門部がよく見えます。高齢者の呼気に合わせてゆっくりと挿入してください。

4.無理をせず、肛門に近い部分から少しずつ便をかき出します。

便塊が大きく硬い場合には、腸の中で砕くようにしながら徐々にかき出します。また、腸と便を引きはがすように、腸壁に沿って指を回すようにしてください。

指を肛門に挿入すると便意があるため、可能な場合は高齢者本人に腹圧をかけてもらいます。

難しい場合は、摘便している逆の手で高齢者の左下腹部を押したり、マッサージをすると、便が更におりてくることがあります。

摘便中や腹部を圧迫すると、排尿がある高齢者もいます。また、かき出した便はペーパーにまとめるなどして、オムツやシーツなどを必要以上に汚さない配慮をするとよいでしょう。

※高齢者が強い痛みを訴えたり、多量に出血があった場合には処置を中止し、医療者に報告してください。処置中には高齢者の訴えや、顔色などを注意して観察します。

5.指で届く範囲(肛門部から5センチ前後)の便をかき出したら終了します。肛門周囲の汚れをふき取ります。

必要時、陰部洗浄を行い清潔に保ちます。摘便時には利き手の手袋を2枚重ねにしておき、摘便が終了したら上の汚れた手袋を外すと、スムーズに清拭や陰部洗浄を行えるでしょう。

6.便やオムツはゴミ袋などに入れ、使用した物品を片付けます。高齢者の衣服、かけものを元に戻します。

高齢者では、肛門付近の硬い便が栓のようになっていることがあります。

そのため、硬い部分を取り除くとその後に便が出やすくなることがあります。

下着やオムツはその後に便が出ることを想定して着用してください。また、摘便終了後の様子には注意して介護にあたってください。