定年まで介護の仕事を続けられると思いますか?

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b

3Kや4Kなどと言われ、「ハードで安い仕事」のイメージが定着しつつある介護職…

定年まで続けることはできるのでしょうか?!

まずお給料面の不安。保育士などにもあることのようですが、男性職員が家族を養えないという理由で辞めざるを得なくなってしまうことがあるくらい、お給料に期待できない現実があります。

そのためにも、相談員やケアマネなどの資格はおさえておきたいものです。

どのくらいお給料に反映されるかは職場によるかもしれませんが、目に見えて資格という形でキャリアアップできる仕事であることはラッキーなことだと思います。

そして体力面も不安ですね…。幾ら痩せたり骨が弱くなっている高齢者でも、ベッドから車いすへの移乗など本当に足腰に負担がかかるものです。入浴介助も相当な体力を要しますよね。

クチコミを見る限り、定年まで介護職を続けられると思う方は少ないようです。

事務職なら体力が衰えても出来る仕事ですが、リーマンショックでリストラが盛んに行われたとき、事務職はリストラの対象になりました。

50代のうちに早期退職を求められる場合だってあります。

私の義母も介護職ですが60代半ばで日勤も夜勤もやっていますし、60になる知り合いも勤務日数を減らしてでもこの仕事を続けたり、それぞれあるようです。

定年まで安心して出来る仕事とは何でしょうか。深く考えさせられます。

多く知られていることですが、介護職は非常に待遇面が悪いです。
重労働で責任の重い仕事であるにもかかわらず、安月給。
ほとんどの職場でサービス残業は当たり前。私が以前つとめていた職場では、業務に必要な備品でさえも自分で購入することが当たり前でした。
自分1人なら問題ないのですが、家族を養っていくとなると正直非常に厳しいです。同僚は、看護師さんなど医療職の方と結婚する方が多いようです。
経済面を考えると、ケアマネなど最低限のステップアップが必要かと思います。
介護職は3Kと呼ばれ近づき難い職ですが慣れたら、やりがいのある職業です。
資格を取りキャリアアップさせ経験を積む事で給料も良くなり何よりも需要がある為に食い倒れする事はないのでオススメできる仕事です。
私は、定年まで介護スタッフとして働くのは難しいと思います。それは、事務処理をはじめとする管理業務に長く働いたベテラン全員がつける訳ではないことと、介護スタッフの人数が不足しているからです。また、介護スタッフの仕事は力が必要なものが多く、今日の高齢化社会の中で定年まで働けるほど、体力が持たないと思います。
介護職をこのまま定年まで続けられるかというと、かなり自信がありません。やはり自身の体力も低下してきますが、現在の職場で期待されていることはそれでも身体介護が中心だからです。このまま介護の仕事を続けるには、根本からキャリアチェンジが必要になると感じています。大変ですがそのための研修や勉強をするようにしています。
現在、介護職員を14年していますが、現場の介護職員を定年まで出来るかは、自分次第な所はありますが、私は定年までは出来ないと感じています。
やはり夜勤が出来ないと生活できる給料にならないのが現状で、今ですら夜勤がキツイのに、定年までは続けられないと思っています。
介護職員として3年目です。住宅型有料老人ホームに勤務していますが、ずっとこの仕事を続けていくのは難しいです。まず身体面です。何より腰痛。できるだけ負担ないように介護を行うよう心がけていても、ガタイのいい方や寝たきりの方などの移乗では負担は大きいです。また精神面では、わがままな方や認知症などで話がすすまないととても心が疲れます。さいごに金銭面。家族がいたらなおさら少ない給料と厳しい介護報酬では養っていくことに不安を感じます。
体力があり、いまよりも給与のめんで、安定した生活がおくれたら、つづけようとおもいます。理由についてですが、老人のわりあいが、どんどんふえてきて、介護士がいまよりも、たりなくなるとおもうから、介護士の重要もふえるとおもいます。また、介護士になるひとがふえたら、給与もあげざるをえなくなるんではないでしょうか。
いまよりも、待遇がよくならないと、つづけるのは、難しいとおもいます。ただでさえ、人手がたりてないうえ、老人の数だけが、ふえてきていますから、介護職員は、必然的に待遇をよくして、人をふやす必要があるとおもいます。また、待遇をあげると、質のよい介護職員があつまりやすくなるとおもいます。介護職員が働きやすい環境をつくるのがたいせつです。
高齢者施設で介護職として働いています。
介護の仕事は給与が低く、その反面肉体的にも精神的にも職員への負担が大きい仕事であります。
国や雇用する施設の介護職への待遇改善と家族や配偶者の理解や協力がなければ家族を扶養するべき男性が定年まで従事するのは難しいと考えます。
続けていきたいと思っていますし、続けられると思います。以前は全く違う、機械を相手にする仕事をしていましたが、ものすごく心が寂しかったです。全く違うこの世界に入り、最初は不安しかありませんでしたが、人との触れ合いに温かみを感じ、誰かの役に立っていると心から思うことができるので自分にはとても向いていると思います。

介護の仕事を辞めたいと思った人、辞めた人の体験談