認知症を持つ高齢者の徘徊に対する基本的介護

101920

徘徊とは何でしょう?

認知症になると、家の中や外をあてもなくうろうろと歩き回る行動が見られます。これを徘徊(はいかい)と呼びます。高齢者の介護現場に従事する方は、少なからず直面する問題であるでしょう。

屋内を歩き回るだけのケースは比較的対応しやすいと思いますが、高齢者にまだ体力があり家の外に出て徘徊をしてしまうと、行方不明や事故などの大きな問題に繋がります。

認知症を持つ行方不明者の届け出は、近年では年間一万人を超えているという発表もあります。

徘徊中に電車にはねられて死亡した認知症の男性の遺族に対してJRが損害賠償を求めた訴訟で、最高裁が遺族の賠償責任を認めない判決を言い渡したニュースは、記憶に新しいことと思います。今回はこの徘徊について考えていきます。

徘徊の原因

周囲から見ると「あてもなく」うろうろしているように見える徘徊ですが、ご本人なりにはちゃんと目的や理由があるものです。

それでは、徘徊はどうして起きるのでしょうか。まず考えられる原因としては、認知症になると物忘れや視空間認知障害が生じることが挙げられます。私たちであれば一度で覚えられる道順も、物忘れのある認知症の高齢者は覚えることができません。また、慣れたはずの家への帰り道も、視空間認知障害により現在位置や方向、風景を脳で正しく処理できなければ把握できなくなってしまいます。

結果として道に迷い、歩き続けてしまうということになります。

見当識障害により今いる自分の場所や状況がつかめなくなることも原因の一つです。

ほとんどの場合は、「家へ帰らなくちゃ」「仕事に行かなきゃ」というその方なりの強い理由があります。しかし、当初は理由を持っていましたが、その目的自体を忘れてしまって落ち着かずにそわそわと歩き続ける場合もあります。

また、せん妄により徘徊をする高齢者は強い不安感を持っており、暴力的になるケースもあります。

徘徊をする高齢者への基本

認知症の方への基本的な対応と同じですが、徘徊に対しても怒ったり暴言を吐いたりすることは逆効果です。むしろ怒られたと思い、家の外へ逃げ出そうとする高齢者を何度も見たことがあります。優しく落ち着いた態度で接してあげてください。

高齢者のやろうとしていることを阻むのではなく、気持ちを受け入れてあげることが、その方を尊重することに繋がるでしょう。実際の介護現場では難しく、毎回できるとも限りませんが、周囲の環境が許せば高齢者のやりたいことをやらせてあげてほしいと思います。

事故に繋がらないように見守りながら、その徘徊に付き合ってあげてみてください。