介護施設における身元引受人と成年後見人の違い

咲きかけの赤いボケの花

身寄りの無い方の施設入所

やがて介護が必要になり、施設への入所を希望するとき、身寄りの無い方は身元引受人に困ることになります。
最近では、介護施設側で身元保証会社と提携していて、自分で探さなくても入所できるところも増えてきているようなので、そのように時代に即した対応が進んでいることは、大変望ましいことだと思います。

身元引受人とは

ところで身元引受人という言葉の他に、成年後見人という言葉もよく耳にしますが、どのような違いがあるのでしょうか。
まず身元引受人というのは、金銭的な保証が必要になった時、施設から病院に入院が必要になった時、通院時の付き添いが必要になった時、亡くなった時、その他入居者に問題があって施設が困った時、などの手続きや対応を、本人に代わって行います。

成年後見人とは

一方、成年後見人というのは、本人が判断力を失って契約などの法律行為が行えなくなった時に、代わって行います。
具体的には、生活上の契約や管理、金銭や財産の管理、公的手続きなどを行います。
いわゆる施設との対応においては、支払いや契約などは行いますが、債務保証などの保証や、本人が亡くなった時の原状回復などは行いません。
つまり成年後見人は本人と同等に扱われるので、本人ができないことはしなくても良く、これに対して、身元引受人は本人に代わって保証する人として扱われるので、本人ができないことを代わって行う、という違いがあります。
更には、成年後見人にはできる金銭や財産の管理などは、身元引受人にはできません。

身寄りの無い方の一番良い選択は

このように考えてくると、成年後見人が個人として身元引受人になるのが良いのではと思いますが、被後見人としての個人の立場と、成年後見人としての立場とで、利益相反の恐れがでてくるため、あまり勧められることではないようです。
結論としては、司法書士や弁護士、社会福祉士等の職業後見人が成年後見人になることで、身元引受人なしで入所をお願いすることが一番良いようです。
法律などの専門家であるため、きちっとした対応がなされると判断されて、可能となることが多くなるということは、自然なことかも知れませんね。