胃を切除した高齢者の摂取カロリーはどのくらい

kaigo-nayami
【相談】

80代の父が特養施設に入っていますが痩せてきたような感じなのです。
この施設は、体重測定などはしないようです。

父は、40代で胃がんの手術をして胃の5分の4を切除しました。

それからずっと、普通の人の2倍以上の食事を取って来ました。
それでも、普通体型を維持している感じでした。

去年、家庭の事情で施設に入所したのですが、月に1回ぐらいしか会いにいけない私の感覚でも毎週1回洗濯物を取りに行く母の感覚でも痩せてきたと感じています。

一応、胃の手術の話はしてあって、おやつをもらえるように渡してありますが、ごく少量です。

高齢なので食べる量は、減ってきているとは思うのですが会いに行く都度に、痩せていく父を見るのはとてもつらいです。

胃を切除した高齢者の摂取カロリーはどのくらいが適量でしょうか?

施設にお願いして、高カロリーの飲み物などを預かっていただき飲ませてくださいとお願いしても良いのでしょうか?

アドバイスをお願いします。

胃の手術をしても、食道が胃の代わりになり手術をしていない人と変わらない生活が出来ている人を見たことがあります。
おそらくお父様は年齢もあり、記述されているように摂取量が減ったのが理由に考えられます。また、高カロリーの飲み物とありますので、施設の方に相談してお願いされてみても良いと思います(施設には栄養士さんもいらっしゃるはずなので)ちなみに年齢別の摂取カロリーですが、運動量により違いがありますので概算ですが1,350~1,750 キロカロリーとなります。寝たきりの場合は少な目、動ける方であればその分摂取は多めでなければならないでしょう。
また、不安であれば施設やご家族の皆様と相談して一度医療機関にて検査をしてみてもよろしいかと思います。
お大事になさってください。
高齢者に関わる仕事をしていた者です。
やはり施設に入ると痩せていってしまうのは仕方ないことではあると思います。
施設にはたくさんの高齢者が生活をされていて、一人一人に対して長く時間をかけて接することは難しく、施設の従業員の連携もとれていないのが現状です。ですので、家族が頻繁に行き様子をみるのはもちろんですが、施設の人に要望などを知らせることは大切です。
作業療法士をしています。お父様、御心配ですね。
まず、体重測定を行っていない、というのが気になりますね。体重は、利用者の健康を管理する上で欠かせない、大切な情報です。お父様の場合は、胃癌の既往もありますし、体重測定は必須だと思います。食事の摂取量も毎日記録に残します。
摂取カロリーについても、管理栄養士などがその方の状態に応じて、カロリー、形態、内容などについてプランをたてているのが一般的なのですが。。高カロリーの飲み物やゼリーなど、その方にあった摂取方法を提案します。
施設の方に、対応して頂けるか、ご相談なさってはいかがでしょう。全く問題ないと思います。
その際には言葉を選ぶことを忘れずに。クレーマー扱いされてしまうのは本意ではないと思いますので。
施設への不満、というよりもお父様への心配を、アピールなさると伝わりやすいと思います。
あと、もう一点。内科を受診し、相談してみるのも大切です。食欲を増すお薬もありますし、他に隠れている疾患が見つかる可能性もありますから。
うまくいくことを、お祈りしております。あなた様も、お身体お大事になさって下さい。
施設の方針もあるでしょうから、まずは心配に思われていることをその施設の職員の方に相談されるのが一番です。まず体重測定を定期的にして観察してほしい旨は依頼していいでしょう。それによって対策として高カロリー飲料なり、食事量を増やすなり、話し合いをしていけばいいと考えます。医師に相談されるのもいいと思います。
まず、お父様が痩せてきているということですが、胃がんでの胃の切除手術を受けていらっしゃるという事で、食事にもかなり気を遣っていらっしゃるかと存じます。適正摂取カロリーにおいては、お父様の身長や日常の運動量によっても変わってきますので、一概にはなんとも言えませんが、平均的なお話をするとすれば、身長160センチ前後で、あまり日常動かない方だと、1日の適正な摂取カロリーはおおよそ1850キロカロリーが目安となっております。
また、お父様は胃の切除手術を受けておりますので、ご利用中の施設にその件もお話ししてあるのですから、施設の方に高カロリー飲料の摂取をお願いしてもいいと思いますし、もし言いづらいのであれば、ケアマネージャーさんにお願いしてみるのも手だと思いますよ。
病院の介護福祉士です。寝たきりの人でもお風呂に週2回入るときにお風呂がからの状態で計る事ができます。きちんと記録してご家族に開示しています。その都度話し合い方針は個々で違います。きちんと引き継ぎができています。体重計を持ち込んでご自分で計る事、記録する事をおすすめいたします。施設のご飯も個々で用意していますが、栄養バランスも考えられたものですので、お父様は消費カロリーが多いのかもしれません。身長体重で量のバランスを考えてもらい足りなければ増やしてもらう。体重が減っている証拠が必要だと考えます。あくまでお願いする形で面談を申し込むのがいいと思います。
胃の手術をしたからと言って、特別に必要な摂取カロリーは変わりはないですので、年齢と活動量に応じた必要摂取カロリーを摂れていれば問題ないと思います。
ご相談の内容ではどの程度痩せられているのかそれが異常な程度なのかお察ししかねるのですが、施設に頼むか体重計を持ち込んではっきりと測ってみることがお勧めです。元々があまり太っておられる方なら、かえって太っていると健康に弊害がありますので、体重測定してBMIなどと比較して適正体重を目指すのが好ましいでしょう。
明らかに適正体重よりやせすぎている場合や一気に何10kgといった急激なやせ方は、治療をご希望されるのでしたら医師に相談してその原因を病院などで調べたほうが良いかもしれませんし、今は市販で栄養バランスがとれた飲料も販売されているので施設に持ち込むのは問題ないと思います。
ただし、経口栄養剤も単にカロリーを摂れば良いというものでもなければ、体重が増えれば良いというわけでもないので、たんぱく質・ビタミン・電解質などのバランスが取れたものを選んで摂取させ、リハビリテーションで筋肉量の維持をすることも必要です。
私も親を介護していましたので、その経験からお話いたします。
高齢者に必要なカロリーは、1000キロカロリーが理想です。
最低でも600キロカロリーです。
でも、600では、痩せると思いますので、1000を目処に考えられたらいかがでしょうか。
今は、色々な高カロリーな飲み物がありますので、施設の方に、御願いしてみて下さい。
以前特別養護老人ホームに介護職員として勤めていた者です。私が勤めていた施設では月に1回看護職員が体重測定をし、栄養士が体重の増減や栄養状態を見て食事を管理していました。老人ホームの種類にもよりますが看護や栄養の職員も配置されているはずです。まずは施設にちきんと相談して、必要があれば病院に行って現状を把握し、お父様の状況を施設と共有してください。痩せる原因はいろいろあります。食事が進まないのか、吸収が落ちているのか。食事が進まない理由も目、感覚、手、食欲などさまざまです。食事時の様子を施設に聞いてみたり、食事時に見てみてください。また吸収に関しては胃の手術をされたとのことですが摂取カロリーは人それぞれですし、高齢の方は食事内容に対する吸収率が低くなりがちです。主治医に相談してお父様の場合の対応を聞いてください。今施設に渡されているおやつもごく少量しか食べられない理由があるはずです。一度に食べられる量が少ないのか、お父様が食べにくい形状なので食べられないのか。高カロリーの飲み物などは必要があれば施設にお願いして飲ませてもらうことはできるはずです。1日にどのくらい、どんなふうに、どんなタイミングでなど具体的に相談してください。なかなか施設に行けない時は電話でもいいので施設との連絡を密にしておくと、お父様のちょっとした変化も教えてもらえるようになると思います。
元介護施設で働いていた者です。
特養施設は、寝たきりや認知症等の病気症状で入られている方が殆んどです。そして誤飲、誤燕が多い為、医師からの特別な指示のない限り食べ物(高カロリー食)等は預かって貰えないのが現状です。夜は看護師が居ないため、何かあっても手に負えないからです。中には、預かってくれる施設もあるかも知れませんが、入所時に確認した方が無難だと思います。もしも、面会等の際に職員に相談する場合は、ナースステーションの職員に話した方が話を聞いてくれると思います。帰り際に、事務室や会計窓口で相談しても受け入れては貰えないと思います。