コストのかからない夏の飾り棚に飾るものを教えてください。

rekuorigami
【相談】

製作レクで夏の飾り棚に飾るものを考えてます。

コストのかからない利用者様でもできる簡単なものありますか?

紙粘土工作、軽くて扱いやすく、後片付けも難しくありません。金魚、スイカ、花火、鈴虫など。
すだれに半紙を付けた簡単な掛け軸に挿絵もいいですね。
小さな水槽にビー玉やプラスチックの石を並べて涼しげな水槽はいかがですか。
折り紙をつるし雛のようにして夏の折り紙作成で、爽やかな色使いでのれんにしてもいいですね。
夏らしい花火やひまわり、海やスイカなどをモチーフに、画用紙を土台に用いたちぎり絵・貼り絵がお勧めです。全て折り紙で作るのではなく、チラシや新聞紙を用いるコストも抑えられて独特の雰囲気がでます。100円ショップの写真立てに入れると、インテリアとしても綺麗です。
また拾ってきた木の枝を用いて動物を作成しても、夏の生き生きとした空間を作れます。
七夕飾りはいかがでしょうか?
折り紙を切って短冊に、輪と輪をテープや両面テープ等でつないで飾る、薄色紙を複数枚使ってアコーディング状(じゃばら状)に折って、中央をホッチキスで留めて薄色紙を1枚ずつ慎重に内側へ(中央へ)はがすようにめくって形を整えたらお花ができます。
華やかになるのでよければお試しください。
一番のオススメは、折り紙で折ってハサミで切って形を作るものです。
例えば、半分に折ってちょっと切るだけでキレイな模様ができたりします。
切り絵より簡単ですし、三角に切るだけでもダイヤ型のようになるのでキレイに見えます。
心配でしたら、切る模様をえんぴつで書いてそれに沿って切れば上手な柄ができますよ。
見た目もキレイでコストも書かないので、是非試してみてくださいね。
貝殻を飾ってはいかがでしょうか。夏を感じられますし、涼しげでもあると思います。
段ボールにボンドを塗り、そこに海岸で採取した綺麗な貝殻を置き、周りにはこれも採取してきた砂を撒いてもいいと思います。海岸に採取に行くのは大変ですが、コストもあまり掛からないのと小さな子どもからでも簡単に製作できると思います。
夏ということですので、『手作りうちわ』はいかがでしょうか。無地のうちわを用意していただいて、言葉や絵を描き入れて飾ると楽しいと思います。お一人お一人の個性が出ますし、作業としても、鉛筆や筆ペンなどで書くだけなので、簡単で安全ですし、何より、お互いの作品を観賞するので楽しいかなと思います。おすすめです。
夏の飾り棚に飾れて、利用者でも作成のできる、コストのかからないものと言えば、やはり折り紙で折る飾り物だと思います。
例えば、折るだけでなく、折り紙で切り絵をつくり、画用紙などに貼り付けて飾り棚に飾るのも、すごく良いと思います。また、紙コップやヤクルトの空きボトルなどにビーズをいれてマラカスを作成するのも良いも思います。
ガーランドを作るのがおすすめです。
夏ですと100円ショップなどで売っている穴の空いている貝と麻のひもを買って簡単にガーランドを作ることができます。
また、フォトフレームも一緒に買ってきて貝をまわりに貼り付けたりすれば夏らしいマリンな雰囲気のフォトフレームができあがります。
そこに利用者さんのお写真や素敵な景色などを入れると良いと思います。
製作レクという言葉がわかりにくいので、どんなレクレーションなのか説明を加えると、どんな方にもわかりやすいと思います。また、2行目は読点がない為、わかりにくい文章になっています。
コストのかからない製作なのか、コストのかからない利用者なのか、読点の位置で内容が変わってくると思います。総じて内容のよくわからない文章になっており、内容を理解するのに時間がかかってしまいます。
高齢者の方々でしたら、認知症などで昔の記憶が強く残っている方が多いのではないかと思いますので、なつかしく感じれる物を取り入れるのはどうでしょう?
朝顔の押し花でうちわ作りや、風鈴、笹の葉など…自然を取り入れるのはいかがでしょうか?
高齢者の方々の気持ちは分かりませんが、その様な昔を思い出して和んだり落ち着く事が出来ればいいなと思います!

高齢者の方が体を動かして行うレクリエーションの種類