高齢者が脱ぎやすく履きやすい、転倒防止にもなる靴の選び方

magnolia-trees-556718_1280

高齢者の靴のサイズは合っていますか?

普段から何気なく履いている靴ですが、高齢者の方が履いている靴をよく見るとサイズがあってなかったり、靴の一部分が破れておられる方がちらほら見受けられます。

普段、施設等で過ごされていると本人が直接、靴屋に行きサイズを合わせて買うことはあまりないと思います。

きちんとサイズを測って買ってこられる家族も見えますが、大抵の場合、家族が今まで履いていた靴のサイズを買ってこられます。

高齢になると、足のむくみ等から左右の足のサイズが違ってきたり、筋力の低下や腰痛等から歩き方も不安定になり、転びやすくなってきます。

では靴のサイズが合わないと足に負担がかかったり、思わぬ事故にあうこともあります。

靴を履く本人からよく話を聞いて、ぴったりのサイズと足の負担を軽減する靴の選びかたのポイントと注意点を見ていきましょう。

足にあわない靴は痛みの元になる

靴の形やサイズが足に合っていないと、足に負担が来てしまいます。サイズが大きかったり、逆に窮屈だと皆さんも当然ストレスがかかりますよね。身体的にも様々な弊害が生じてしまいます。

足に合わない靴をはき続けると、外反母趾、うおのめ、たこ、爪の変形、ハンマートウ、等さまざまな足の障害が発生しやすくなります。

足の痛みは、日常の歩き方や姿勢を不自然にさせ、結果的に膝関節や股関節、腰の痛みなどを引き起こします。

靴だけが原因ではないですが、足にあった靴をはくことでこれらの痛みや障害の可能性が少しでも減らせる可能性があります。

高齢者には転倒しにくい靴をおすすめします。

高齢になると、足の外側に重心がかかり、すり足で歩いたり、歩幅が狭くなり不定になります。
筋力の低下により体のバランスが悪くなってしまうのです。

その結果わずかな段差につまずき、転倒しやすくなっていまします。

高齢者の方は転倒すると骨折を起こしやすいです。

大きなけがを防ぐためにも、普段からしっかりとした靴をはき、事前の予防ということでも適切な靴選びが必要です。

特に床の凹凸や濡れた地面など、歩行の障害になるものが日常的にたくさんあります。

そういったささいな障害でも高齢者にとっては危険な存在です。

また、床が水で濡れて滑ってしまった場合なども自分で体制を直すことが難しいので、そのまま転倒することが多いため滑り止めの効いた靴をお勧めします。

靴を履くときの動作

高齢になってくると靴を履く動作も一つ一つ大変なものになってきます。

腰が曲がらなかったり、腕や手がうまく動かせず時間がかかってしまったりされる方もたくさん見えます。

そういう方にとって靴を履くという行為は大変なことなのです。

毎日履く靴なので履きやすさにも注意したいところです。

靴屋で高齢者用の靴を購入するメリット・デメリット

高齢者でも元気で足について問題のない方は一般的なお店での購入も問題は無いと思います。

むしろ気分転換にもなるのでどんどん外に出てもらって自分の好みの靴を選んでもらいましょう。

一般の靴屋で買うとサイズが合わない時があります、むくみ等から足の甲が大きくなって、足の長さに合わせると足が締め付けられる時もありますし、甲の部分に合わせて買うと靴の長さが大きくなってブカブカになってしまいます。

高齢者用の靴も売られるようになってきましたが、素材が硬い場合があり足の障害につながる原因にもなります。

むくみ等から右足と左足でサイズが変わる場合もありますが、一般的な靴屋で買う場合は左右違う大きさで自分に合った靴を購入するのは難しいです。

どうしても同じサイズの靴になってしまいます。

比較的健康で体が動く方を対象にしているのか、動きが鈍くなった方には履きにくい物もあります。

専門店で高齢者用の靴を購入するメリット・デメリット

では専門店ではどう違うのかというと以下のようになります。

  • 一般の店に比べると金額的に高くなります。
  • 高齢者専門の靴を売っているお店では一つの靴に対して何種類かのデザインがあったりして、高齢者の方が自分の好みの物を選べられます。
  • 靴底の高さも変えられるので左右足の長さが違っても調整をしてもらえます。
  • 歩行の状態によって靴の痛む場所が違ってくるのでつま先やかかとを補強して痛みにくくしています。
  • 靴もサイズも長さから甲の大きさまで調整して、左右一足ずつ購入できるので履きやすくて、歩きやすい靴を購入する事が出来ます。
  • 用途ごとに種類があり、室内では軽くて履きやすいもの、室外では靴底がしっかりしているもの等さまざまな種類があります。
  • 装具をしていてもそのまま履けるものがあります。
  • 当然、滑りにくい加工がしてあるので転倒防止にも役立ちます。

靴を履く人それぞれの体格、サイズ、好みなどによって、細かく豊富に取り揃えてあるのがいい点です。

また目的や用途によってもいくつかのパターンがありますので、目的別に靴をそろえてみてはどうでしょうか。

適切な足元のケアによって、快適な日常を送ることができます。

高齢者に限らず自分の足で歩くということはとても大切なことです。

歩くということはそれだけで運動にもなりますし、なにより自分の行きたいところへ自分で行くという気持ちが大切です。

普段何気なく行っている、歩くという行為を快適、安全にする為に自分に合った靴を選んでみてはいかがでしょうか。

お年寄りのための靴を選ぶなら

介護靴、リハビリ靴の専門店「らくてく」で販売されているケアシューズあゆみは、お年寄りの足の大きさや状態に合わせて細かく対応できます。

転倒には色々な原因がありますが、その中の一つである靴を見直してみるとリスクが一つ軽減されますよ。



歩きやすさとエレガントさ
祖母がとにかく歩きやすいことは第一条件なのですが、どうしてもコロンとしたスニーカーのようなものだとカジュアルすぎてしまうので、ブーツのような形のエレガントさもあるものを選んでいました。着脱しやすいことも大きなポイントのようで、紐靴に見えるけれどサイドにジッパーがついているものを気に入って履いていました。
スムーズなお出かけのために
以前、靴屋でアルバイトをしていた経験があります。
ご高齢の方が靴を選ぶ際には、ローヒールのものを選ぶことと、最近は歩きやすいように軽量設計されて作られたものがあるのでそちらがイチオシです!
靴紐があるものは出かける際に時間がかかってしまうので、マジックテープのものをオススメします。
ご高齢の方は外反母趾になっている方も多いので、足がいたくならないように外反母趾用の幅広の靴もオススメです。
軽さと歩きやすさ
私の姑さんは81才ですが良く靴を買います。もう高齢なので靴は慎重に選びます。値段は気にせず軽さと歩きやすさを重視しています。後は滑らないような歩く底がゴムになっているのを選びます。
後は自分のサイズよりは一つ上のサイズを選びきつくならないような靴を選びます。
紐履だといまいちピタリとしないので、紐履であってもサイドにチャックが付いているもの外側内側に付いているとフィットします。転びにくいのでオススメです。紐を解かず脱げるので楽です。
サイドにチャックが付いているものを選ぶ
靴紐のあるものはほどけてしまうと踏んで転んでしまう危険があるし、ほどける度に結びなおすのも面倒ですので避けたほうがいいと思います。
サンダルは履きやすいとは思いますが、階段の上り下りの際に危険かと思いますので、かかとに高さがなく、靴紐の無いもの、もしくはマジックテープで留めるタイプの靴がお年寄りには望ましいかと思います。
また、雪の降る地域に住む方は転倒防止のため、しっかりとした滑り止めが付いている靴を選ぶか、靴屋さんで滑り止めを付けてもらうと安心です。
転倒しにくい靴がベスト!
お年寄は必ずといっていいほど、イスに腰掛けて靴を履きます。しかしながら腰掛ける場所がなかった時にできるだけ靴の開口部が大きいもので履きやすさを重要視したいですね。ヒモやファスナーなどできるだけ余計なものが付いていないほうが良いでしょう。つまずいてしまうのを避けてつま先がやや上にそっているものもおすすめです。かかとが高いものや厚底のものも避けたほうが良いでしょう。軽くて柔らかく、歩きやすいものが良いですね。
お年寄りに優しい靴
靴は年齢関係なく見た目が良くて履きやすい事を前提に選びますが、私はこれに+して軽いものを選んでいます。見た目が良いものは履くのではなく持ってみると分かるのですが気持ち重くできています。ヒールも木かゴムかで重さや支える力に差が出てきます。若年者は重くても走れたりヒールが高くても足が痛くなったりしないような人が多いですが、高齢者になったらそうもいきません。高齢者の方が靴を選ぶ時はまず自分の好きなデザイン、そしてヒールの高さ、履き心地さ、それに+して軽さだと思います。軽ければ軽いほど歩きやすく疲れにくいですし、足も痛くなりません。自分の足の形にフィットしていくのでこれを規準に選ぶといいと私は思います。
ヒールの低い靴
私の親戚の、70代の女性の話なのですが、足腰が丈夫で杖を使うこともなく、すたすたと歩けていた人なのですが、あるとき友人と外出することになり、昔履いていた少し高めのヒールの靴で出かけた所、何もないところでつまづいて、ねんざしてしまいました。歳をとったといっても腰が曲がることもなかったので、足元を注意しないで歩けたことが、仇になってしまったようです。まだまだ、身体は若いと過信せず、出来るだけヒールの低い靴、歩きやすい靴で歩いていただきたいです。
元気な身体と過信は禁物
靴裏が柔らかく、ゴム製で滑りにくくなっているものを祖母に選びました。雨の日に、靴の裏がつるつるのものを履いていて滑って転んでしまったようです。なので、しっかり凹凸の付いているゴム製を選びました。また、紐履だと紐を結ぶのがめんどうだそうです。かといって、スリッポンだと、靴下の重ねばきをすると履きにくい…。とのことなので、マジックテープできつさを調整できる靴を選びました。歩きやすいと散歩をしてくれるようになりました。
履きやすい、滑りにくいが最重要!
高齢者の靴の選び方として1番意識しなければいけないものは、やはり脱ぎやすい、履きやすいということですね。もちろん、ヒールがあったり厚底靴などは絶対にダメです。
足のサイズをしっかり採寸し、ひと回り大きいものを選ぶといいと思います。
理由としては、脱ぎやすいことと、高齢者の方は外反母趾ですとか、ピッタリした靴だと足を痛める方が多いからです。
ただし、大きすぎるのは歩いてるときに靴が脱げてしまって危ないので、ひと回り大きいサイズを選ぶことを原則にしてください。

こうやってみると、高齢者にとって靴選びというのは大切なこと。

毎日使うものだから安心、安全なものを使ってほしいですよね。

特に素材だとか、機能だとか、もちろん履きやすいというのが一番だと思います。

歩くというのは人の動作でも基本的なことだとおもいます。

だからこそもっと自分の足で歩いてもらいたいです。

靴はそんな歩くということの基本動作をサポートする重要なアイテムです。

靴を履く本人や、そのご家族や周囲の方たちとともによく話し合って、適切な靴を選んでいきましょう。

高齢者のむくみは日常生活に原因があるかもしれない