認知症の方と会話が通じない時があり、話しかけられても返事に困ってしまいます。どう接したらよいのでしょうか?

kaigo-nayami
【相談】

グループホームで働いています。開設したばかりで利用者が3名しかいません。

うち、認知症が2人ですが、あまり手がかかる方ではありません。

一番困るのが、自分の仕事(援助や施設清掃)がない時間の時の利用者との関わるのが苦痛に感じます。

話し掛けられても、どう返せば良いかも解らず話も全く通じない時もあります。話などせずに淡々と援助だけしていたいです。

皆さんはどんなふうに利用者の方と接しているのでしょうか。

私の場合は、常日頃その認知症の方の家族の情報や今起きたニュース、季節の出来事は頭に入れておいて、それを小出しにして喋っています。話が通じないことも多いですが、笑顔で喋っていれば相手も笑顔になってくれることが多いですし、話すことで認知症の症状を改善する効果があるので、継続は力なり、と自分に言い聞かせて接しています。返事をどうすれば分からなくても、相槌だけでも会話になるので、根気強く続けてみてはいかがでしょうか。
開設したばかりとのことで、施設内の設備などには限りがあるかも知れませんが、私の経験上、カラオケで盛り上がったり、将棋やお手玉をして遊んだり、俳句を考えたりしました。
将棋やお手玉なら、低価格で準備できますし、カラオケや俳句などは会話も少なく時間が経つのが早く感じます。また、土や苗を購入し、植物を育てる園芸療法を試みることも出来ます。また、タオルを用意し、タオルの端を持って行う体操などで運動も出来ます。認知症の方と、話が通じないのはよくあることなので、通じなくても明るい表情が伝われば良いと言うくらいの気持ちでいれば大丈夫だと思います。
一時期、ヘルパーとして介護のお手伝いをしていました。グループホームではありませんが、ご自宅に伺いお世話をしているとずっと話しかけてくる方もいました。
お世話が終わった後も話しかけられてなかなか帰れない事もあり困った時もありました。
認知症の方もいましたが、その方はずっと思い出話をされているので、「うんうん。そうなんですねー。」と聞くだけ、こちらからは質問等何もせず相槌をうっていました。お年寄りとかかわっていて思ったのは、本当に昔の事をよく覚えていて、誰かに何かを話したいという事です。
私の祖母もグループホームに行っていましたが、同じようにお世話の時以外にもたくさん会話をしていたそうで、迎えに行くと「今日はこんな話をしたんですよー」なんて言われる事がよくあり自宅にいる時よりよく会話をしてるんだな。と思いました。
それからは、お話するのも介護の1つと思うようにしそれまで以上にお話をする様にしました。
私も会話を続けるのが得意ではありませんでしたが、お話を聞く。という事に重視していました。
最初はそれもなかなか難しかったですが、同じ会話でも繰り返し聞いてあげて同じ質問でも同じ回答をしてあげる。それだけでも喜んでもらえたので続けていてよかったと思いました。
利用者のかたの話しに、耳を傾けるだけで良いと思います。こちらも何かを話して会話を成り立たせなくては、と思わずに。利用者のかたは、話を聞いてほしいのだと思います。
じっくりと耳を傾けて、頷いたり共感したりしてみてください。初めは苦手に感じるかもしれませんし退屈かもしれません。同じ話を何度もされるかもしれません。でも、利用者のかたは、きっとじっくりと話を聞いてもらうことで満足するはずです。表情を見てみてください。聞き上手になってください。
介護お疲れ様です。介護離職が問題になっていますね。きっと、職場の雰囲気はどんな時でも利用者さんとの話も仕事のうちと考えられて、あなたとは少し考えがずれていて言えない雰囲気なのかなと感じました。手が離せない、少し待ってね。その時の担当を呼ぶなど、逃げるが勝ちです。一度拒否する事でまた仕事がうまく回る気がします。
無理に話す必要はないのではないのでしょうか。話好きな人もいれば、静かに過ごしたい人もいます。
話題は、天気やニュースの話など簡単なものでいいと思います。無理に長く続けようとはしなくてもいいです。自然に自分らしくでよいのではないでしょうか。
隣で同じ時間を共有するのも立派なコミュニケーションだと思います。
また、はい・いいえで答えられる質問よりも自分の考えを述べさせる質問(例えば「私は赤色が好きです」のように。)だと話が弾むと思います。
自分も最初はどう接してよいのかわからず、苦痛でしかなく、ちょっと側にいてはすぐ離れるを繰り返していました。
でも、先輩方の接し方を見て、参考にしてみたら、以外と苦痛ではなくなり、次第に普通に話せるようになりました。
先輩方はただ、ウンウンと利用者様の話を聞く。
時折こちらの話をしてあげる。
そして、自分が苦痛を感じ始めたらその場を離れ、一呼吸おいてまた戻る。
でした。
うちにも認知症の方がおられ、同じ話を何度もされたり、時には癇癪を起こされたりしてました。
まともに相手をしてしまうと自分の方が精神的に参ってしまうので、時折離れて一呼吸おくことはとても大切なことだと思います。
自分は子供がいるので、子供と接するようにしてみたら、まぁまぁ楽しくお話し出来ました。
認知症なのに手がかからない方がなんてすごくラッキーですし、可愛いい認知症だと思います。話しかけられている事の内容に答えてあげていればいいと思います。話が噛み合わなくチグハグなのは認知症がなす業であり、貴方様には責任を感じる事は無いと思います。貴方様が優しいので会話が弾まないと思っているのでしょう。認知症の度合いに合わせたリクリエーションの感想や好みやプライベートな事を聞いてもいい方であれば家族様の話等されてはどうでしょうか?もし家族様からあまり優しい扱いをされていないのであればそこを補ってあげると喜ばれます。
いつも業務お疲れ様です。
回答させて頂きます。
私は元特養ショートステイの介護士をしておりました。経験から言いますと、コミュニケーションは介護業務の基本です。苦痛だと思いますが、なるべく利用者様とはたくさん会話なさってください。会話の切り返しも働いていくうちに解ってきますよ。
たとえば、利用者様と折り紙をしながら昔の話を聞いてみたらどうですか。
大変だと思いますが頑張ってみてください。
とりあえずニコニコしながらうんうん、って聞き役に徹することだと思います。
相手の話を穏やかな気持ちで聞いてあげると相手にもそれが伝わるのかたくさん話してくれますよ^_^
あとあんまり否定や話を遮ることはしないほうがいいと思います。
私の祖父や祖母は認知症ではありませんが自分の話をするのが好きなのでそう思いました^_^