介護の現場で求められるケアマネージャーの仕事

一面に広がる菜の花

ケアマネージャーの仕事とは

高齢者が増加している現在、介護の必要がある高齢者や障害者が安心して日常生活を送れることが望まれます。

そこで活躍しているのがケアマネージャーです。

居宅サービスを受ける人の相談を受けてその人に合ったプランを立てたり、他の福祉施設との連絡や調整を主な仕事としています。

一人一人の希望やライフスタイルを十分理解し、最適なサポートが受けられることを考える福祉のスペシャリストです。

ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーの資格は試験に合格すれば誰にでもなれる、というものではありません。
すでに医療や福祉の分野に従事している人や介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を受けて実務経験のある人などに、受験資格が与えられます。
時代が求める職業として受験希望者は年々増える反面、合格率は低下の傾向にあると言われています。
2割くらいとすれば、かなり難関な部類に入ると言えます。
それだけ質が求められているということになります。

ケアマネージャーの働く場所

福祉のスペシャリストということで、働く場所も沢山あります。
福祉公社、在宅介護センター、老人訪問介護ステーションなど公的機関もあれば、民間の老人ホームや医療施設などに勤務します。
また最近の福祉事情もあり関連する企業でスペシャリストを求める傾向も高まっています。
採用の際にケアマネージャーの資格を有する人が優遇されている実例もあります。

ケアマネージャーに向く人と求められるもの

ケアマネージャーは経験も必要ですが、その前に人間性がとても重要です。
どの職業でも言えることですが特に福祉分野では向いている性格というのがあります。
福祉の仕事に就く人は優しく、きめ細やかで、人と接することが好きな人でなければいけません。
明るく話好きで、気配りが効く性格の人が向いています。
また人間相手、しかも高齢者や障碍者など色々な悩みを抱えている人と対するということで、デリケートな問題も多々あります。
ひとりひとりの立場に立って考えられる人が求められます。
利用者のライフスタイルや価値観、家族との関係性など常に理解を深めて最適なサービスを考えることが必要だと言えます。
それだけにやりがいのある仕事だということでしょう。