介護マニュアル「移動介助をスムーズに行う方法」

dandelion-966901_1280

移動介助をスムーズに行う方法

移動介助は施設でももちろん行いますが、在宅介護でも頻繁に行われる介助です。

移動介助が上手くいきませんとスムーズに移動することができませんし、場合によっては事故に繋がる可能性もあります。

その為、移動介助の注意点、ポイントなどをご紹介します。

車椅子での移動介助

車椅子で移動介助を行う場合は、まず移動する前にきちんと車椅子の状態、高齢者の状態を確認することが大切になります。

高齢者の確認のポイントとしては深く座っているのか、足はフットレストに乗っているのか、手は車椅子から外に出ていないかなど、安全を確認するようにしましょう。

また、車いすのチェックポイントとしては、タイヤの空気が抜けていないか、ブレーキはきちんと効くかなどのチェックを行いましょう。

車椅子を動かす際は「動かしますよ」と一声かけることが大切です。

私たちでもそうですが、声もかからず急に全身が移動するようなことをされれば恐怖感がありますので、きちんと声掛けを行うようにしましょう。

坂道などに差し掛かった場合は、基本は後ろ向きで移動するのがポイントです。

後ろ向きにすることによって車椅子から高齢者が転落することを防止することができます。

後ろ向きで移動するのは非常に怖いですので、ゆっくりと行うことが大切です。

片マヒの人の移動介助

片マヒで杖で移動する場合は、マヒ側に立って介助するようにしましょう。

ほとんど自分で歩ける場合は、介助をするというよりも側に立って見守ることが大切になります。

高齢者の移動の邪魔にならない距離、すぐに手を出せる距離を保って見守るようにしましょう。

また、マヒの人はマヒ側の意識が薄い時がありますので、何か障害物がある場合はきちんと知らせて回避するようにしましょう。

ほどんど片足で歩いているような歩き方になりますので、長距離を歩く場合は車椅子を用意するなど疲れた場合のことも考えておきましょう。

ストレッチャーでの移動介助

寝たきりの場合は、ストレッチャーで移動することになりますが、ストレッチャーは意外と振動を感じやすく、その振動がダイレクトに高齢者に伝わってしまいますのでゆっくりと移動することが大切です。

ポイントとして、移動方向は必ず足にすることです。

万が一障害物にぶつかった場合、頭が移動方向にある場合は頭をぶつけてしまう可能性がありますので、かならず足を前にしましょう。

曲がる時もゆっくりとして、高齢者の安全を確保するようにしましょう。