介護の資格を生かせる資格と職場

ピンク色の鮮やかなバラ

数多い介護の資格

将来、福祉関係の仕事に就きたいと資格の取得を考えている人も多いでしょう。

福祉や介護に関する資格は数多くあり、取得した資格によって行うことのできる仕事内容も違ってきますし、活躍できる職場も変わってきます。

しっかりと将来を見据えて、自分に必要な資格は何かということを確認するようにしましょう。

バリバリ仕事をこなしたいなら国家資格を

将来は高齢者施設で重要な役割を果たしたい、キャリアアップを目指したい、と考えているならば、社会福祉士や介護福祉士のような国家資格の取得を目指しましょう。

このような国家資格は名称独占資格とも呼ばれ、資格所有者でなければできない仕事もたくさんあります。

社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれ、介護を必要としている人の相談に乗って的確なアドバイスを与えるのが仕事です。

社会福祉士の仕事場としては福祉施設の他、行政機関、教育機関などに勤務する人も多く見られます。

一方、介護福祉士は実際に介護業務を行う資格としての最高資格であり、専門的な知識や黄土な技術を持って高齢者の生活介助などを行います。

また、身体的なケアだけでなく精神的なケアも重要な役割です。

基本的に医療機関や高齢者施設に勤務することになりますが、最近は在宅ケアに当たる人も増えてきています。

リハビリケアの仕事がしたい

高齢者施設ではリハビリケアも非常に重要な仕事です。

的確なリハビリケアを行うことで寝たきりに近い状態の高齢者を自活可能な状態まで持って行くこともできます。

そうなれば高齢者やその家族の負担を大きく減らすことができます。

リハビリケアについて専門的な知識や技術を取得するための資格には理学療法士や作業療法士があります。

この両者は混同されやすいのですが、理学療法士はあくまでも身体的なリハビリテーションを行うのに対し、作業療法士は身体だけでなく精神的なケアも行います。

ただし、目的はどちらも同じで、高齢者ができるだけ自分一人で生活していけるようにサポートを行うことです。

これらの仕事も基本的には高齢者施設に勤務することになりますが、最近は在宅でリハビリケアを行うことも増えてきています。

それ以外の資格

これまで紹介した資格以外にも、福祉関係の資格はたくさんあります。

代表的なものだけでも、ケアマネージャーや福祉住環境コーディネーター、行動援護従業者などがありますし、最近は福祉施設で働く看護師も増えています。