ボールを使った高齢者向けのレクリエーション

flowers-828364_1280

ボールを使ったレクリエーション、どこのサービスでも行っているのではないでしょうか。

柔らかくて安全で、どんなサイズであっても軽いので高齢の方でも持ちやすく、遊びにも体操にも使える上に低価格で入手できて、本当に優れものです。

ボールを使ったレクは、本当に様々なアイディアがあります。

例えば…
直径20cmくらいのボール(ドッチボールサイズ)
当たると花瓶など倒してしまうサイズなので、ゲームでバトン代わりにしたり、蹴鞠やサッカーのように蹴る動作や、体操・ストレッチ向き。腿に挟んで落とさないようにして頂くだけでもちょっとした体操になります。

直径10cmくらいのボール(テニスボールサイズ)
片手でも持ちやすく、的当てなど投げるレクに向いています。ゲートボールも、このくらいのサイズが打ちやすいかもしれませんね。本物のテニスボールならコリや痛みを取る体操にも使えますよ。

100円ショップで入手できるものですし、使用目的やお体に合わせられるよう、いくつかサイズのパターンがあると良さそうですね。皆さんで楽しんで頂けるレクが可能になるよう、これを機会にサイズを色々揃えてみてはいかがでしょうか。

高齢者向けのレクリエーションでおすすめなのが玉入れです。球は軽くて投げやすく、怪我の心配がないように新聞紙で作ったものを使用します。球を投げ入れるものは、ダンボールなどの身近な箱でもいいし、傘を逆さまにして視覚でも楽しめるようにしてもいいです。これならあまり動き回れないような人でも楽しくレクリエーションが出来るはずです。
以前働いていた老人ホームで行っていたレクリエーションは、中心にカゴを置きその周りに利用者様が座れるように椅子を置きます。玉入れの要領でカゴめがけてボールを投げいれ多くボールを入れたチームが勝ちといったレクリエーションをしてました。その他にペットボトルをピンに見立ててボーリングなどもおこないました。どちらとも車椅子のかたでも参加できるレクリエーションなので、みんなで楽しく遊べます。
ボールを使った高齢者向けのレクリエーションは、ゴム製(塩ビ)の手のひらサイズのボールで、お手玉大会はいかがでしょうか?もしくは、座ったままでできる、玉入れはいかがでしょうか?カゴの部分を低くして足腰の弱い方も参加しやすいのでは?チームを二つ三つに分かれて、介護士さんも一緒になって楽しむ時間を作るのはいかがでしょうか?
・ボール取りゲーム
新聞紙の片端にガムテープの粘着面が表になるように巻きつけて、床に散らばるボールを釣り上げるゲームです。高齢者は円になり椅子に座ります。
そして各自用意したカゴに時間内にどれだけのボールが拾えるか競います。
ボールはプラスチック製のものでもテニスボールでもいいです。
腕が動く方なら誰でも出来ますし上半身の運動にピッタリでした。
私がオススメしたいボールを使った高齢者向けのレクリエーションは、『ピンポン玉リレー』です。
材料もピンポン玉(カラーボール)と、紙コップがあれば出来ちゃいます。
グループを作って一列にならんで、スタッフの方の『よーいドン!』の合図で紙コップの上にカラーボールを乗せて順番に後ろの人の紙コップにピンポン玉をのせて運んでいくんです。
一番にゴールしたチームの優勝です。
適度に身体を動かせるし、盛り上がるのでオススメです。
寝たきりの方や、ベットにずっといなければならない方はできないのですが、5つの色のボールと箱を用意します。なければ4つでも大丈夫です。そしてボールを利用者さんに、渡してボールと同じ色の箱をめがけて投げるレクリエーションです。同じ色を探すことで脳をつかいながら、投げるという動作ですこし腕の筋肉を使います。
三つの色のTシャツを用意して高齢者さんにどれか一枚を選んでいただき着せてあげます。皆が着ることができたら車いすごと円になるように並ばせます。次に風船くらいの軽いボールを一つ用意します。職員さんが三つの色のうち一つを言葉で発します。言った色のTシャツを着ている高齢者さんへボールを軽く飛ばしてあげて受け取ってもらいます。
ドッチボールに使用する位の大きさのボールで、程々の柔らかさのボール1個用意します。固い滑りやすいですし、柔らか過ぎても持ちにくいのて注意が必要です。
1列に並んでもいいですし、円形に並んでもOKです。両手でボールを挟んで持ち、身体をひねって後ろの方へ渡します。
5人位を1チームに分けて、速さを競う対抗戦のゲームにすると童心に返るようで、子供達の運動会のように盛り上がりました。
ゲートボール。
祖父が好きでした。核家族化が進む中、集う仲間ができ、楽しかったようです。お陰で、足腰も丈夫でした。胆管ガンで肝臓を半分摘出しましたが、術後経過があまりよくなく、肝不全で8月になくなりましたが、寝たきりが長くても、ゲートボールで鍛えられた足腰で、筋肉が衰えてもしっかり立ち、歩くことができていました。
ピンポン玉リレーが良いと思います。
私は中学生の頃、地域のお年寄りの方たちとのふれあい活動をしたときに、レクリエーションでこのゲームをして、盛り上がりました。
ピンポン玉とスプーンとカラーコーンがあれば、できる遊びなので、手軽だし、怪我の可能性も少ない遊びだと思います。
ただ、あまりに小さいスプーンだとなかなか難しいかもしれないので、大きめのスプーン、もしくはお玉とかでも良いかもしれません。