高齢者が簡単に出来るレクリエーションを聞いてみました。

poppy-63755_1280

いきなり個人的な話で恐縮ですが、私が勤めていたデイサービスは重度の認知症や麻痺の方など介護レベルの高い方が中心でレクや体操が説明通りにできない方の方が多いくらいでした。

例えばトランプのババ抜きのような単純なものも、できない方が半数以上…このサイトで様々なレクのクチコミをご紹介しておりますが、私の勤務先では参考にできないパターンも実は多く見られます。

今、ここを読んでいる方の中でも私と同じような状況の方は少なくないかもしれませんね。

そういう場合はルールばかりに捕らわれることなくアレンジを加えたりして臨機応変に対応していくことはスムーズに進行できるコツになるのではないでしょうか。

動くこと、参加することに意義を感じて頂くことも必要です。

とは言え出来ることだけしていても訓練にはなりませんので、調整は難しいところですが…。

このページでは、とても簡単なレクのクチコミを紹介しております。

簡単なのはルールだけでなく、動きも複雑でないものもあります。参考にしてみてください。

ババ抜き
我が家には中学3年と小学5年の男の子がいます。実家に帰った際、高齢の両親と盛り上がるレクレーションはトランプです。「7並べ」や「神経衰弱」もやるのですが、1番盛り上がるのは「ババ抜き」です。母はババを取るとすぐに態度に出てしまい、みんなで笑ってしまいます。誰が持っているかわかっていても、わかっていなくても、ババが回るととても盛り上がり、年齢関係なく楽しめるレクレーションです。
まわして、笑って
大人数で輪になり、ロープを持つロープに輪投げの輪を通し、何かしらの曲を流す。曲が止まった時に輪が正面にある人に笑のカードを引いてもらいます。笑のカードは「はひふへほ」です。「は」の場合「ははは」「ひ」ならば「ひひひ」と笑ってもらう。曲もその年代みんな知ってる曲を流すとみんな楽しそうにしてました!笑ってコミュニケーションもとれてストレスも発散できるのでいいのでは。
体操の時間
高齢者が簡単にできるレクリエーションのひとつとして、体操の時間はいかがでしょうか?
ラジオ体操がリズムも良くて良いと思います。もしくはNHKの体操番組を録画して体を動かす時間を作るのです。
できる範囲で無理なく体操の時間を取り入れて心身ともにリフレッシュできると感じます。
高齢者だとなかなか体操をする機会がないのでお勧めです。
団扇で風船バレー
団扇を使って風船をバレーボールのようにパスしながら繋いでいくレクリエーションです。団扇で扇いだり、打ったりしながら風船を落とさないようにパスしていきます。椅子に座ったままでも出来ます。
祖父の通う老人施設で行われていました。
想像ゲーム
4、5人のグループを3つぐらいに分けて、「例えば、おでんを作るなら具材は何をいれますか?」とか、「動物園に行ったら何の動物がいたでしょうか?」とか「ご飯のお供といえば何でしょうか?」とか聞いて、ひとつずつ書いてもらいます。
できるだけ人と被らずに、いっぱいの具材や動物やお供を書けたグループの勝ちです。
もしもし亀よ
もしもし亀よ亀さんよのリズムに合わせて、まず右手を前に突き出してパーの形、左手を胸の前にグーの形、次に左手を前に突き出してパーの形、右手を胸にグーの形、これを続けます。次に今度は右手は胸の前にパーの形、左手は前に突き出してグーの形、次に右手は前に突き出してグーの形、左手は胸の前にパーの形(最初と逆になります)これを1小節交互にやっていきます。凄く頭の体操になります。僕もアルツハイマー病の祖母と一緒によくやっていました
お絵かきしりとり
昔おばあちゃんとおじいちゃんとお絵かきしりとりで盛り上がったのを覚えています。お絵かきは年齢関係なく出来るものなのでオススメです。お絵かきだけでなくしりとりという形にするとより楽しめると思います!
お手玉遊び
昔ながらの遊びを取り入れたレクレーションは懐かしく童心にかえって楽しむことができます。例えばお手玉、けん玉、紙風船など、、、レベルに合わせて少しアレンジを加えます。童謡に合わせてお手玉遊びをしたりしりとりをしながら紙風船を交互に投げ合いっ子するのもいいと思います。皆さん一度は経験したこのある遊びなので誰でもできますし、歌詞や言葉を思い出すことで脳が活性化にもつながります。
自作スタンプで絵手紙
?ダンボールを好きな形に切り取り、ペットボトルや画用紙を丸めた筒、サランラップの芯などの底に両面テープで貼り付けます。
(柿やトマトなどは丸く切ります)
?好きな色のインクを付けてハガキなどに押します。
?色鉛筆やクレパスなどで好きな俳句の文字を書いたりメッセージを書いたりスタンプを押した場所に絵を付け足したりして完成です。
かるた
かるたが良いと思います。私が小さい頃は、よくおばあちゃんとかるたをしました。かるたは、おばあちゃん世代にも懐かしい遊びであり、楽しめます。また、現代の子どもたちとの交流も出来る遊びだと思います。ルールも簡単なので、手軽に遊べるというのも利点だと思います。畳を好むおばあちゃん世代にとって、とても心地よい空間で楽しめると思います。