高齢者施設ではどんな服装で働いていますか?

spring-flowers-745721_1280

ひとくちに「高齢者施設」といえども、特別養護老人ホームや
ショートステイ、デイサービスなど色んな施設があります。
場所によって、介護の方法も違いますし求められる事も違います。
また、介護職・看護職・事務職など職種も違います。

職種によって動きやすい、仕事がしやすい服装は異なると思います。

レクリエーションで塗り絵をされてる高齢者を見てみますと
色の認識が段々とずれていってる気がします。
認知の部分かも知れませんが、淡い色目などは判断しにくい様です。
ハッキリした色目の服装をするのも良いのかも知れませんね。

最近は、介護職の方々の服装もおしゃれになって来たようです。
今までのイメージだと「ジャージとポロシャツ」でしたが
近頃は、チノパンが主流の施設が増えた様です。

看護士の方々も白衣のイメージでしたが
動きやすい服装に機能的なエプロンと言う姿をよく目にします。

事務職の方は、ベストにスカートとOLさんの様なスタイルが多いですね。

実際に働いてる方に、動きやすさや機能性などを教えて頂きたいです。
支給する制服のリニューアルを考えてる管理者の方々も
是非、参考にしていただきたいと思います。

高齢者の福祉施設では、上がポロシャツ、下がチノパンで動きやすい服装で働きます。
高齢者という事で、働いてく上で、どうしてもかかせないのが服の汚れです。
ポロシャツなどは服が汚れても簡単に交換ができ、安価で購入ができます。
なので、高齢者の福祉施設で働く際は必ず、ポロシャツとチノパンで働きます。
なので、働く際はポロシャツ、チノパンを推奨いたします。
主にジャージ上下で働いています。その下は白Tシャツです。高齢者の方と接触したりもするのでもう少し素材が柔らかい作業のしやすいものの着用をしたいと思ってはいます。今のジャージでは作業着というしかありません。○○師と名前がある方はきちんとした専用の着用着があるので介護職員にもそういった着用着はほしいです。
私は高齢者の通所リハビリデイサービスの職員です。利用者さんの体の支えをしたり体操を一緒にするのでポロシャツとストレッチ性のあるパンツが制服です。淡いブルーとベージュで優しい色合いです。
しかし床に膝をついたり、食事介助で食べこぼしの際には汚れが目立つので濃い色の服だと気を使わずに動きやすいように思います。
入浴介助時には半袖Tシャツとハーフパンツに着替えます。
うちの家族が施設にお世話になっておりまして、職員さんの服装を間近に見る機会があります。皆さん男性も女性もパンツスタイルです。素材は白衣の綿素材で上下のセットも見かけますし、レクリエーションをするときはポロシャツにジャージ、ジャンパーといったラフな格好もあります。夏場はTシャツ姿も見かけます。共通して動きやすい汗や汚れを吸いやすい素材ということがあります。
私は高齢者のいる市の施設でアルバイトをしたことがありますが、上下ジャージで働いていました。やはり車イスで外に散歩に行くこともあればオリエンテーションで音楽に合わせて踊ることもあり、ジーパンや動きにくい服装だと仕事しずらいです。施設指定でジャージを揃えているところもありますし、やはり動きやすい服装が一番かと思います。
今まで2箇所のデイサービスで働いていましたが、どちらも半袖のポロシャツでした。ズボンは伸縮性のものを自分で用意しました。ジャージは不可です。どちらの施設も左胸にマークと施設名が入っていました。雪の降っている日でも半袖ポロシャツなので、送迎の時などは施設専用のコートやジャンパーを使用していまいた。暖房がきいていても、場所によってはかなり寒いです。風邪を何回かひいたら「自己管理ができていない」と叱られました。
僕のマンションの3階までは、老人ホームで毎日のようにイベントが行われています。
僕が観た話ですが、そこで働く従業員スタッフの皆さんは出勤は決まった制服?のような上着を着用しバイクで来る人もいれば車で来る人もいます。しばらくするとお年寄りを連れたバスが来るのでその時は女性のスタッフの方はエプロンのようなきちんとした制服になっていてしっかりとしています。まるで、看護師のような服装で全体がピンク色の制服を着ています。男性は黄色の上着を着ていてズボンは必ず白色のズボンを着用しています。そこの老人ホームではきちんとした制服が決まっていて全員同じなので誰が誰なのか分からない状態です。
高齢者施設では、とても動きやすいラフな格好で働いています。その仕事場から提供されているエプロンがありますので私服の上に見につける形で着用しています。スカートなどは動きにくいので働いている従業員の人は必然的にズボンにTシャツといった格好をしています。夏はTシャツ一枚でいいのですが冬は暖房がついていても寒いので重ね着をしています。
高齢者施設で働く場合には、まず動きやすい服装ですし、高齢者の方の支援をするので汚れても良い格好や相手を怪我させない服装にするなど色々と考慮も必要になります。施設内では、食事面から色んなサポートをすることになりますし、やはり動きやすさと安全性を重視して服装選びはしっかり行うことが重要なポイントになるでしょう。
私は有料老人ホームの事務員でした。有料ということもあり、ヘルパーさんのようなTシャツにパンツという軽装ではなく、シャツにリボンをしてベストに膝丈スカートという、銀行員のような服装でした。ただ、事務員といっても、配膳なども手伝うのでその上にエプロンをして配膳をしていました。また、病院に入居者様を連れて行くこともしていましたので、病院に行くにはベストにスカートの制服で通院していました。冬はそれにカーディガンを羽織って業務をしていました。