高齢者の緊急時における対応について「入浴時の事故」

花盛りの庭

入浴時の事故の場合

入浴は生活をしていく上で必要なことです。介護施設などでは定期的に入浴を行っているほか、自宅で入る人、デイサービスで入る人など様々な場所で入浴をしています。

また、入浴時に亡くなる人も多くいます。

ニュースなどでは入浴中に溺れてしまう事故、熱いお湯に入って火傷を負ってしまった事故などがあります。

起きてはいけない事故ですが、実際には年間に何件か起きてしまっています。

こういった事故の際にはどのように対応していけば良いのでしょうか。

きちんとした対応方法を理解しておき、もし何かあったときでもすぐに対応できるようにしておきましょう。

浴時に溺れてしまった場合

溺れる事故は大半が自分で上手く体を動かす事が出来ない高齢者です。

車椅子であったり、寝たきりであったりする方が入浴中に溺れてしまいます。

座ったまま入れる機械浴槽、寝たまま入れる特殊浴槽で事故が多発しています。

溺れている所を発見すればすぐにお湯から引き上げるようにしましょう。

水の中ですと体が滑って上手く持ち上げられないこともありますので、できるだけ2人以上で対応することをおすすめします。

引き上げれば心肺が停止していないかどうかを確認しましょう。

心肺が機能している場合であれば、救急車が到着するまで声掛けを行って反応を待ちましょう。

もし心肺が停止している場合は、すぐに心臓マッサージを開始して、救急車が来るまで対応しましょう。

AEDを利用する時は感電の恐れがあるので、必ず水気を拭いた状態で対応するようにしましょう。

熱湯につけてしまった場合

お湯を確認しないまま湯に入れて、火傷を負わしてしまったという事故の場合は、すぐに救急車を呼んでおきましょう。

その際にはどの部分がどれぐらいの温度のお湯に浸かったのかも、確認して救急隊員に伝えましょう。

熱いお湯に浸かったので、水をかけて体を冷やそうとしますが、体温調節機能が正常に働いていない場合がありますので水は辞めておきましょう。

36度前後のぬるめのお湯をかけて体温調整をしましょう。

タオルをかけた場合は、火傷部分にタオルが張り付いてしまう可能性がありますんで、タオルかけずに様子を見ることが大切です。

対応が遅くならないようにする

溺れた場合、火傷をした場合いずれも発見が早ければ対応次第で助かります。

すぐに対応できるように常に見守りを1人以上付けておく、高齢者一人きりにしないなど環境を整えておきましょう。

高齢者の緊急時における対応について「異物の飲み込みの場合」