高齢者への虐待について

120946

高齢者虐待について

高齢者の虐待は以前から社会問題になっており、虐待によって多くの高齢者の尊厳が損なわれたり、最悪の場合、命を落としたりしています。

高齢者の虐待はどういったものがあり、自宅で行われる虐待、介護施設などで行われる虐待はどのようなものがあるのでしょうか。

介護の虐待は主に5つあります。

1身体的虐待

言葉の通り、体に対して虐待を加えることです。
これは男性の介護者が女性の高齢者に加えるパターンが最も多く、体のアザや擦り傷などの軽いものから、骨折や意識不明になったりなどの重度のものがあります。

2心理的虐待

精神的にダメージを与えたりすることが心理的虐待です。
言葉で罵ったり、言葉で追い詰めたりすることによって精神的に落ち込まさしてしまいます。これが続いてしまいますと、うつ病などの精神疾患に陥りやすいです。

3性的虐待

性的な逆的は男性から女性に対して行われることが大半ですが、時折女性から男性に対しても性的な虐待があります。
表だって出ることがほとんどない虐待ですが、他の虐待と比べても数は少ないと言われています。

4経済的虐待

経済的な虐待は介護者が被介護者の金銭、金銭に変わる土地、建物、物などを搾取する虐待です。
認知症の方に多くみられる虐待で、本人が知らない内に、分からない内に金銭がどんどん取られてしまうことが特徴です。

5介護・世話の放棄・放任

ネグレクトと呼ばれる虐待です。
長年介護をしてきている人、認知症の方を介護している場合に起こります。
数は近年非常に多くなってきており、虐待の中で最も多い虐待になっていると言われています。尿が出ているのに変えない、水分を取らさないで脱水にさせるなど命にかかる場合もありますので、注意が必要になってきます。

自宅での高齢者虐待

自宅で行われる虐待は家族が高齢者に向かって行うことがほとんどです。
特に高齢者世帯や子だけなど、少人数の世帯で多くみられるのが特徴です。しかも、そういった家庭は非常に閉鎖的になっており、介護サービスを使っていなかったり、地域の見守り推進員が自宅の中に入れなかったり、発見すら難しい状態になっています。
また、発見をしてもそこから虐待解決までに時間がかかったり、余計に家族が閉鎖的になったりしますので、虐待が解決される頃には高齢者が非常に弱っている状況になってしまっていることも珍しくはありません。

施設での高齢者虐待

施設で起きる高齢者虐待は介護員が入居者に対して行われます。
最近ではニュースで取り上げられていたりして、社会的な問題になっています。
施設で起きる高齢者虐待は非常に発見が難しいと言われています。なぜかと言いますと、介護施設での虐待は個人の部屋、トイレの中など人目が無いところで行われます。その為、第三者が発見するということはほとんどありません。
また、介護職員からしてみれば虐待が発覚するのは仕事を失うことになりますので、施設や家族にバレないようにしているので、発見は非常に難しいです。
多くの場合は、体に不審なあざが残っている、動けない方が足を骨折しているなど、虐待以外ではあまり考え付かないような事故が起きた場合に発覚します。
また、最近では家族が高齢者の部屋に監視カメラを付けて、虐待現場を抑えるなどの方法で発覚することも多いですので、介護施設の有り方が疑問視されています。

虐待で無いか、虐待であるか線引きが難しい

虐待と認識されるか、されないかというのは非常に難しいです。例えば、身体拘束と呼ばれるものがありますが、これは介護施設では虐待と位置付けられており、正式な手順を踏まない場合は虐待になってしまいます。しかし、病院では身体拘束は日常的に起きています。点滴を抜いてしまう方、転倒の恐れがある方などは身体拘束をします。
病院は病気を治すことが目的ですので、身体拘束は病気を治すために仕方のないことだと認識されており虐待にはなりません。
家庭では、トイレに頻繁に行くので水分を少ししか取らさなかったなどの場合は虐待に当たると言われています。しかし、トイレに行くたびにトイレを汚される、家族が毎回付き添わないといけないといった場合には水分を少なくするのは仕方のないことだと思う人もいるかと思います。
こういったように虐待の線引きは非常に難しく、デリケートな問題になっています。

虐待を無くすには

自宅で虐待をする場合は介護者が精神的に追い詰められている場合が非常に多いです。介護保険自体を知らなかったりして、すべてを自分で抱え込んでしまっている場合がありますので、一人で抱え込まないように地域がアプローチしていくことが大切になってきます。
施設の場合は、職員の意識向上が有効な対策になってきます。定期的に研修会を開いたりして、虐待を発生させないような取組をすることが大切です。また、施設の職員も人間ですので、業務に追われてしまいますと精神的に余裕が無くなってしまい、虐待をしてしまう可能性があります。その為、業務自体を見直したり職員を補充したり、虐待させない環境つくりも大切になってきます。