5月の季節行事!高齢者のためのレクリエーション

2b5ca889df21bff772ea904f03bed34c_s

高齢者のための5月のレクリエーションに取り入れるテーマとしては、端午の節句や子供の日、五月人形飾りなどの手作り工作など。また音楽療法では「こいのぼり」の歌を取り入れて歌ってみたり、そこからクイズなどを出してみてもいいかもしれません。

鯉のぼりをテーマにした工作

まずは、高齢者施設にいらっしゃるお年寄りでも作りやすい折り紙工作をご紹介します。折り紙で鯉のぼりを作るのは、意外に簡単です。鯉のぼりは形が単純で平面ですので、高齢者の方でも簡単に折って作ることができます。

作り方は以下の動画や折り紙の折り方を集めたサイトがありますので、それらを参考にレクリエーションに取り入れてみてください。
鯉のぼりが一人ひとつ折れたら、サインペンやマジックなどで鱗の模様や柄を書き込みましょう。吹き流しや矢車の折り方もありますので、時間があれば同時に作って、一人ひとつ作って持って帰ってもいいですし、壁画にする場合は、吹き流しやポールなどの部分や家の屋根、雲などの風景をあらかじめ作っておいて、壁面全体に高齢者の方に作ってもらった鯉のぼりを空いっぱいに泳がせるような感じで壁いっぱいに貼り付けるといいでしょう。

5月の折り紙 こいのぼり折り方

http://www.origami-club.com/season/5/carp/index.htm
動画
http://iina117.xyz/1311.html

歌を歌いながら体を動かすレクリエーション

若葉のさわやかな季節にちなんでみんながよく知っている「ぶんぶんぶん」というハチの童謡を使って体を動かします。立ってできる方はリラックスして立った姿勢で行いましょう。座ったままでも結構です。
腕を回したりするので、隣の方とぶつからないように距離を30cm~1mぐらいあけて行います。
 「♪ぶんぶんぶん ハチが飛ぶ~」との部分では両腕を羽のように動かします。両手を肩幅ぐらいに開き、手の甲を上にむけた状態で音楽に合わせながら手を上下に動かします。
次に「♪お池のまわりに野ばらが咲いたよ」ではまず「お池のまわりに」で両手で「ぐるっと」大きな円を描き、「野ばらが咲いたよ」で1.2.3と人指し指を使って自分の方から外に向けて指していくように手を動かします。また繰り返し「♪ぶんぶんぶん ハチが飛ぶ」と両腕で羽のように動かす動作を繰り返します。

歌詞を知っている方には一緒に歌ってもらうとよいでしょう。座ったままでも腕を少し動かすだけでの体中のめぐりがよくなってぽかぽかしてくるような体操レクリエーションです。5月にちなんだ歌や童謡などはほかにもありますので、全員が知っているようなものが取り組みやすいでしょう。

高齢者の方が体を動かして行うレクリエーションの種類

6月の季節行事!高齢者のためのレクリエーション