高齢者だったら覚えておいて欲しい育毛効果のある物

568c1e94df442246476bf8d92d17319a_s

育毛効果のある物も現代ではたくさんの種類があります

58歳の女性です。

まだ働いているのでファッションもヘアスタイルももっとおしゃれしたいのですが、どうしても髪の毛が薄いとどんなに高級な洋服に身を包んでいても何だか全体像がきれいにまとまりません。

何か育毛剤や育毛シャンプー、サプリメント等を試してみたいと思っているのですが、あまりもたくさんの種類があって何を選んでいいのかわからなくなります。

私にはどんな物がお勧めでしょうか?

メジャーな育毛成分について紹介していきます

育毛剤や育毛シャンプーとして人気の成分

育毛効果のある成分といっても様々ですが、購入する際に成分チェックをした時に、その成分がどのような作用をするのか?といった豆知識は必要です。

そういったメディカル的な知識が理解出来てくると、自分に合う成分というのがだんだんわかってくるし、今使用している成分の物で効果が出ない場合には、次にはどのような成分配合の物を試した方が良いといった判断基準にもなるからです。

メジャーな物としては、馬油成分です。

主に馬のたてがみや尾の付け根から摂取している油分なのですが、その素晴らしい点は、頭皮や肌に浸けた時の浸透力です。

馬油は人間の皮膚に限りなく近いので肌にもなじみやすい事と、アミノ酸が豊富なのでたっぷりと毛母細胞へ栄養分を届けられる事、さらに過剰な皮脂の分泌をセーブする働きがあるので頭皮の毛穴の詰まりも改善出来るのです。

最近発見されたフルボ酸(フムスエキス)には、馬油同様にアミノ酸配合量が大変高いので、毛包に充分な栄養分を届けるのに大変効果的です。

頭皮の血行促進作用のある成分とは

頭皮の血行促進作用の高い成分としては、塩化カルプロニウムや生姜から抽出されるショウキョウエキス、トウガラシエキス(カプサイシン)等があります。

他にも高麗人参エキスは血行促進作用以外にも、細胞賦活作用が高いです。

高麗人参エキスは、育毛剤や育毛シャンプーとして直接頭皮に浸けても良いですし、お茶やサプリメントとして体内から摂取してもOKです。

抗炎症・抗菌作用の高い成分とは

頭皮も悪い細菌が繫殖するとかゆみを伴うので、頭皮をかきむしる事によって皮脂が剥がれて髪の毛が育ちにくくなったり、悪い細菌が栄養分を吸収してしまい毛母細胞が育たなくなる恐れがあるので常に衛生的に保つ事が大切です。

そんな中でお勧めな成分が、グリチルリチン酸ジカリウムです。

これは5aーリダクターゼ阻害作用があるので、男性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

イソプロピルメチルフェノールには、フケの原因の菌の繁殖をセーブしたり、頭皮の新陳代謝のサイクルを正常にコントロールする作用があります。

ヒノキチオールは抗炎・抗菌作用の他にも、血流促進効果が期待出来ます。

このように育毛作用のある成分は他にもいろいろありますが、毛根から髪の毛が作られてやっと頭皮から出てくるまでにだいたい80日はかかります。

育毛効果が高いといっても1週間、2週間ですぐに結果が出ない事もあるので、2,3か月はじっくりケアしてみて下さい。

特に高齢者の方はもしも育毛効果を実感出来た場合には、そのまま継続して使い続けていく事をお勧めします。