高齢者の足の浮腫み改善で免疫力を高めよう

むくみをとる女性

高齢者の方で足の浮腫みで悩んでいる方は多いと思います。

若い方に比べて高齢者の方の浮腫みは深刻なケースが多いです。

高齢者の浮腫みの原因とは

高齢者の方の浮腫みの原因は、年齢と共に筋力の低下・手足の冷え・血行不良・運動不足・座っている時間が長いなどの原因が挙げられます。

足の浮腫みは病気ではありませんが、そのまま放置しておくと日頃の疲れが取れなかったり、免疫力の低下を引き起こす可能性があります。

ただし、浮腫みも病気が原因で浮腫みを引き起こしている可能性があるので、気になる方は医師に相談する事をオススメします。

足の浮腫みを解消するには、マッサージが効果的です。

マッサージというと揉んだり叩いたりするイメージだと思いますが、浮腫みに効果的なマッサージは、撫でるようにしてリンパ液の流れを改善する事をいいます。

リンパ液には浮腫みの原因にもなっている老廃物を運搬する働きがあります。

浮腫み解消のマッサージのやり方

浮腫みの原因も分かったので今からマッサージの方法を紹介します。

まず両手をひざの両側に軽く当てて、足の付け根にあるリンパ節に向けて、太ももを優しくなで上げます。

始めは太ももの表側から行いましょう。そして太ももの裏側も同じようにマッサージを行います。

次に足首付近に両手を当てて、ひざに向かって下から上に撫でます。

ふくらはぎも同じように下から上に撫でます。

そして最後に、足首付近から足の付け根に向かって下から上にそっと撫でます。

この二つの動作を左右10回程度すつ行うのがいいでしょう。

このマッサージは自力で浮腫みを解消するマッサージを行える方には上記の方法をオススメします。

しかし、高齢者の方は認知症であったり寝たきりの方や歩行が一人では難しい方など様々な方がいます。

浮腫みの解消は高齢者の方、一人ひとりにあった方法で行うのがいいでしょう。

様々な方に効果があった浮腫み解消の例をご紹介します。

リハビリを日頃から行っている方は、日頃のリハビリをいつも以上に頑張って解消された方もいます。

例えば歩行訓練を頑張って行い、施設内を行ったり来たりしたりと2~3往復だけでも効果があるようです。

また足湯も効果があるようです。足首くらいまでお湯につけて、足をじんわりと温めていいます。

足の下から温めるので血行が良くなり、身体全体がポカポカしてきます。

毎日、行うのは難しいので週に1回から2回、行うのがいいでしょう。

足湯は継続する事で効果が出ます。足湯の後はマッサージを行う事で、さらに効果がでます。

毎日、継続的に行って足の浮腫みを改善しましょう。

こちらの記事もどうぞ

高齢者のむくみは日常生活に原因があるかもしれない