身近な材料で作る簡単手芸レクリエーションについて

手芸を楽しむ

ご年配者の方は物を大切になさいます。
切れなくなったからと言って、ポイっとは捨てきれないお洋服などたくさんあることが多いです。
そうした材料をリメイクして作品にし、楽しんでいただきましょう。

今回は、リメイク、端切れの布を使った作品のアイデアをご紹介いたします。

レクリエーションとして楽しんでいただけるよう、お手伝いされる方の前準備が求められる点もありますが、参考にしていただけますと幸いです。

最初にご紹介するのは、端切れで作る、パーティやお部屋の飾りつけに使える『ガーランドの作り方』です。

用意するものはハギレ、タコ糸、ボンド、厚紙です。

厚紙はわざわざ買う必要はなく、お菓子の空箱など利用しましょう。

それを4辺5cmのひし形に切り型紙を作ります。

縦長に置いて、角と角をつなぐように真ん中に線を引きます。

型紙に沿って、端切れを切りましょう。

多くの場合、切り終わったら、布がぐしゃぐしゃということが多いです。

この時点でアイロンをかけ、布をぴんと張った状態にするのをおススメします。

そしたらタコ糸を準備します。

次にタコ糸の準備です。糸の長さは、ハギレの枚数+10cm程度です。切ったタコ糸の両端を玉結びしておきましょう。

ひし形の布を縦長に置いて、下部分のへりにボンドをつけます。

タコ糸と角と角を結ぶ真ん中の線が沿うようにします。

この布は小さいので、それぞれが間隔を置かずに、連ねる感じで並べていくとかわいいです。

布の色合わせを考えるのも楽しいです。

簡易パッチワークとも言えますね。

できあがったら、ぜひ作成者のお部屋、ベッドヘッドなどに飾っていつも見れるようにしてさしあげましょうね。

さらに、もうひとつのアイデアは、簡単で、実用的な作品のご紹介です。

それは、「ハギレとガーゼで作るマスク」!1年の内、エアコンの入っていることの多い施設内では、のどの保護のためにマスク着用がおススメです。

その必需品を自分で作れたらいいと思いませんか。

準備するものは、綿の布12×21センチ、ガーゼ布20×13センチ、マスク用ゴム30センチ×2本です。

作り方はまず、綿の布を、横長に置き、上下1.5センチづつ折ってアイロンします。

ガーゼ布は、やはり横長に置き、縦が約8.5センチになるように折り合わせ、アイロンしましょう。

ガーゼは3つ折りにします。

三重になる部分が約3センチになるようにしましょう。

綿のはぎれ布の中心にガーゼ布を置き、綿の布とガーゼ布を上下縫い合わせます。

この時点でどちらの布も端処理はしてあるので縫い合わせればOKです。

左右をまずは1.5cm、その後2.5cm折込み、アイロンをし、端を縫いましょう。

30cmにカットした、マスク用のゴムを通し、できあがりです。出来上がりサイズは、縦9cm×横13cmです。

小学生~大人女性に向いていると思います。

お顔の大きめの方のために少し大きめにアレンジしてもよいです。

いかがでしょうか。

マスクは少し難度が高いですが、実用的なので好評ですよ。

ぜひ、チャレンジされてみてください。