介護が必要になる原因

小さく咲くピンクの花

介護が必要になる原因はさまざま

誰であっても、いつまでも元気でいたいと思っているものです。

まさか、自分が誰かの世話になるとは、そうなるまで考えてはいないものなのではないでしょうか。

高齢化社会に突入した今、介護が必要な方はたくさんいます。

これらの方々は、なぜ介護が必要になってしまったのでしょう。

大きな原因としては3つあげられます。

その3つとは、身体的な病気、精神的な病気、そして怪我です。

生活習慣病など徐々に進行するものもあれば、突然の怪我で必要になるケースもあります。

身体的な病気

身体的な病気でもっとも多いのが、脳血管系の病気です。

脳梗塞や脳出血など、脳内の血管の障害のために、体を動かすことが難しくなってしまうケースです。

また、小さな脳梗塞でも脳血管性の認知症を発症してしまうケースもあります。

その次に多いのが関節疾患です。

関節が痛むと動きたくなくなるものですが、安静にしていればいるほど些細なことで関節が痛むようになります。

その他、心疾患やパーキンソン病など、病気によって介護が必要になることは多いのです。

精神的な病気

精神的な病気も大きな原因となります。

もっとも確率が高いのが認知症ですが、高齢者うつなどもその原因となります。

認知症は単なる物忘れではありません。

脳の働きが低下して行き、これまでできていたことができなくなってしまう病気です。

原因はまだはっきりとわかっていませんが、アルツハイマー病やびまん性レビー小体病、前頭則頭葉変性症などがあり、それぞれ症状のあらわれ方も違えば対応の仕方も違ってきます。

怪我による寝たきり

怪我をすることによって、寝たきりになってしまったという話をよく聞きます。

それは、怪我を心配するあまり、安静にし過ぎてしまい心身ともに働きが低下してしまうからです。

高齢者の場合は、安静にするだけではなく、自立のための工夫も必要になってきます。

高齢者の介護で間違ってはいけないのは、安静にすることが良いことではないということです。

高齢者やそのご家族のことを考えるのであれば、心を鬼にしてリハビリを行わなければならないこともあるのです。