これからは介護の仕事が求められる時代です

黄色いお花

今必要とされる介護の仕事

今日本の経済は、ここ2、3年で景気が急激にあがりました。

景気も安定していて、就職難に苦しんでいた人達も就職することができるようになりこれから就職する人たちも、希望をもって就職活動しています。

大手企業に就職したい人は沢山いまさが、これから必要になるのは介護関係の仕事ができる人が求められているのです。

それは、少子化の問題は改善されてはなく今でも老人の数が年々増えていくと予想されています。

そのため介護の仕事は、求人誌で多くの人材を求めているのです。

昔に比べて仕事の内容は改善されていて、勤務時間そして給料も良くなってきています。

一番知られてるのは老人ホーム

介護の仕事には、どんな種類があるのかわからない人は沢山います。

三種類にわけられていて、デイサービスに訪問サービスそして一番知られてるのは老人ホームでのサポートだと思います。

老人ホームでの仕事は、食事のサポートと入浴のサポートが重要な仕事になります。

後は排泄物の処理や、レクリエーションがある場合は準備をしたり司会をして進行役をしたりします。

勤務時間は早番が7時から16時までで、遅番が11時から20時までそれと日勤が9時から18時まで、夜勤が16時から翌日の10時までとなっています。
それと、外に外出するときは一緒に外に行きサポートします。

訪問サービスとは

訪問サービスは、何らかの理由で外にでることができず介護が必要な人に対してサポートします。

利用者の家に直接行きます。

仕事の内容は、身体サポートと生活援助の2つです。

身体サポートは、排泄物の処理と入浴のお手伝いをします。

生活援助は、食事の支度や掃除と洗濯等の家事を中心にサポートするのです。

デイサービスとは

デイサービスとは、日帰りで老人ホームの施設を利用する人のサポートをします。

まず利用者の家まで迎えに行って、老人ホームまで一緒に来ます。

施設のなかでは、入浴や食事やレクリエーションをします。

老人ホームでは生活をする場所で、デイサービスは遊び来るという感じになります。

このように、種類がいろいろあるのでよく考えて就職することをおすすめします。