年配者も手軽にできる!歌って楽しむレクリエーションについて

歌って楽しむお年寄り

ご年配者も、歌が大好きです。歌って踊れば、快活な気分になるのは、どんな年齢層でも共通しているのです。

では、

5W(英語の疑問詞what何,whyなぜ,whereどこで,whenいつ,who誰)、1H(howどのように)に沿って、

「歌って楽しむレクリエーション」を分析してまいりましょう。

「何を歌う!?」

好みは人それぞれですが、一般に好まれるのは、童謡、演歌など。明るい雰囲気の歌を選んで楽しい気分を盛り上げましょう!

「なぜ歌う!?」

音楽のないレクリエーションを想像してください。味気のない雰囲気になると思いませんか?楽しい気分と音楽は切り離せないものです。

「どこで歌う!?」

桜の花見の席でマイクを放さない人、必ずいますよね。美味しい料理と美しい環境が整うと気分も盛り上がって、歌いたくなるものです。

時には、野外で、花を愛でたり、きれいな景色を眺めたりしながら、歌ってみるのはどうでしょうか。

最近では携帯に便利な小型のスピーカーがいろいろありますし、携帯電話につなげて、簡単に音楽を聴くこともできます。

また、室内であれば、やはり環境整備は大切です。ホワイトボードに絵を描いたり、花を飾ったりして、楽しい環境を作りましょう。

リードして歌う人が照れてしまわず、気持ちをこめて司会、歌のリードをするのも大切です。ムードを盛り上げましょう!

「いつ歌う!?」

いろいろな折に歌えますね。何か特定のビッグイベントの時に限らず、子どもたちが朝のラジオ体操で「ラジオ体操の歌」を聞いてから体操を始めるように、毎日の一コマに歌があるというのもいいと思います。

自分の幼いころを振り返ると、ラジオ体操の度に聞く歌が、心の中でまたか、と思いつつも、実は気分が乗って来ている自分がいたりしましたね。

シチュエーションに合わせて、朝のすがすがしい空気に合わせた歌、夕方~夜に静かめの眠りに誘うような歌を選んでさしあげて、歌が日常の一部、楽しいひと時を提供できたらすばらしいと思います。

「誰と歌う!?」

ご年配者が集うレクリエーションで歌う時は、ご年配者の皆さまで。スタッフも気持ちを込めて歌いましょう。レクリエーションにご家族の参加、お孫さんたちの参加をしていただけたら、子どもも知っている歌を一緒に歌えたら楽しいですね。

「どのように歌う!?」

初めて聞く曲はすぐには歌えませんので、レクリエーションに先立って、毎日レクリエーションで歌う曲を聞くようにすると良いと思います。

歌えなくても、みんなで一緒に手拍子で加わるのも楽しいものです。

お孫さんと一緒に歌えるように、子どもたちが学校で習っている曲や、「みんなのうた」、人気アニメの曲を練習したり、頻繁に聞いて慣れるようにするのもいいと思います。お孫さんと共通の好きな歌ができるといいですね!

最後に。

歌うレクリエーションは手軽で楽しいものです。ご年配の方は、ご病気や体の不調があられると気も滅入ってしまいがちです。

音楽を取り入れたレクリエーションで明るい気持ちを取り戻せるようお手伝いしてさしあげましょう。

高齢者が好きな歌、聞きたい歌を聞いてみました。

高齢者の方が体を動かして行うレクリエーションの種類