高齢者に多い骨粗しょう症を防ぐ食事について

紫色に咲く額あじさい

骨粗しょう症とは骨密度が低下してしまう症状です。

骨の密度が低下すると、骨が軟弱になってしまい、
強度が弱くなります。
そうすると骨折しやすくなってしまうのです。

高齢者の場合、骨粗しょう症による骨折が原因で、
足が弱ってしまうことが多くあります。
それは、少しつまずいた時などに骨折をして、
治療をしている間に体を動かせないので、
筋肉が衰えてしまうのです。
その結果寝たきりになってしまうという方が増えています。

骨を丈夫にするとともに筋力をつけておくことも大切です。

そして、日常生活でつまずいたり転んだりしないように、
段差に気をつけることや、手すりをつけるなどの工夫も大切です。

骨はカルシウム、リン、マグネシウム、たんぱく質でできています。
骨粗しょう症の一番の原因はカルシウムが不足していることです。

体の中のカルシウムの99%は骨の中に貯蔵されていますが、
血液の中のカルシウムが低下すると骨の中のカルシウムが、
血液の中に溶け出してしまうのです。
その結果、カルシウムを摂取することがたりないと、
骨の中のカルシウムの量が減ってしまうことになります。

骨の量は20才からだんだんと少なくなっていきます、

特に女性は、女性ホルモンの減少によって、
カルシウムの吸収が下がってきます。

食事でカルシウム、マグネシウム、たんぱく質をとり、
丈夫な骨をつくりましょう、
ビタミンDが不足するとカルシウムが吸収されませんので、
ビタミンDもとるようにしましょう。

ビタミンDの多く含まれる食品です

サケ、イワシの丸干し、サンマ、うなぎの蒲焼、キクラゲ、しいたけ

牛乳はカルシウムの吸収率がとても良いのでおすすめです。
きのこ類はビタミンDが豊富ですのでカルシウムが吸収されやすくなります。
そして、適度な運動をして骨に負荷をかけることで強度が増すと言われています。
たばこはカルシウムの吸収を悪くしますのでおすすめできません。

カルシウムの多く含まれる食品です

乳製品ーパルメザンチーズ、脱脂粉乳、プロセスチーズ
海藻ーひじき、わかめ、こんぶ、あおのり
魚介類ー干しエビ、桜エビ、えびの佃煮、わかさぎの佃煮
魚類ー煮干し、たたみいわし
豆類ーえんどう豆、高野豆腐、 豆腐
野菜類ー水菜、モロヘイヤ
木の実ーごま

これらのものを意識して献立にとり入れましょう。