塩分と脂肪の取りすぎに注意!食生活を見直して動脈硬化を防ぐ

日が差し込むピンクの薔薇

動脈の働きは心臓から酸素や栄養素を全身に運ぶことです。

この動脈がかたくなってしまうことを動脈硬化と言います。

動脈硬化になる原因として上げられるのは、

脂質異常症、高血圧、たばこの3つと言われています。
(脂質異常症とは、血液中の脂質が多すぎたり少なすぎたりと、
異常な値になっていることですが、食事と運動で改善します。)
その他、肥満、糖尿病、痛風、ストレス、運動不足
なども動脈硬化になる原因となります。

動脈硬化が原因で起こると言われているものに、

脳卒中と虚血性心疾患があります。

脳卒中とは、

脳梗塞や脳出血などの脳血管の障害による病気です。
日本では死亡原因の3番目になっています。
脳梗塞は脳の血管が詰まってしまうことで、
脳出血は脳の血管が破れてしまうことです。
この2つは脳の細胞に運ばれる栄養や酸素が不足してしまい細胞が死んでしまいます。
命にかかわることがあり、助かったあとにも後遺症が残ることがあります。

虚血性心疾患とは、

冠状動脈の流れが悪くなったり止まったりしてしまうことを言います。
冠状動脈のある心臓は血液がたくさん集まっていて動脈硬化がおこりやすいのです。
狭心症は一時的に心筋への酸素の供給が足りなくなり、締め付けるような激しい胸の痛みがおこります。
心筋梗塞は心筋への酸素の供給ができなくなり、吐き気、おう吐、激しい胸の痛みがながく続きます。

動脈硬化は動物性脂肪のとりすぎによる脂質異常症と、
塩分のとりすぎによる高血圧、そしてたばこなどが原因です。
しかし、食生活を見直すことで改善されることがあります。

・食物繊維をたくさんとりましょう。
動脈硬化の予防のために、野菜を食べて余計なコレステロールを排泄します。
・塩分をひかえめにしましょう。
動脈硬化の予防のために、高血圧を防ぎます。
・コレステロールは1日300mg以下にしましょう。
たまご1個で230mgのコレステロールが含まれますので注意します。
・血液をサラサラにする玉ねぎや、納豆を積極的に食べましょう。
・緑黄色野菜に含まれるカリウムは高血圧を防ぎます。

そして、適度な運動は血流が良くなりストレスの解消にもなります。
できる範囲での散歩やストレッチなど、軽い運動を続けることも大切です。