健康な体を作るために食生活を見直して免疫力を上げる為の食事

黄色い銀杏の葉

いつも自分の体調に気をつけていますか?

単なる疲れだと思っていたことが、
病気のサインだということもあります。
食事の内容、運動、休養、睡眠、ストレスは、
健康にさまざまな影響を与えますので注意が必要です。

生活習慣病の代表的なものに、

高血圧症や、糖尿病、脂質異常症などがあります。
これは、食習慣や運動不足、 お酒、タバコなどの、
悪い生活習慣を続けてしまったことによって起こる病気です。
これらの生活習慣病は、検査をして数値が悪くても、
痛いところなどがなければそのままにしてしまう方が多く、
何年かしてから大きな病気につながりますので注意が必要です。

体は食べ物から出来ています

生活習慣というものはとても大切で、
健康状態を大きく左右します。
食生活の偏りから肥満になり生活習慣病になってしまったり、
体内の代謝機能がうまく働かなくなったり、
疲れが取れにくくなることがあります。
食生活を見直して、野菜を多くとるように心がけましょう。

免疫力が下がると風邪をひきやすくなったり、
生活習慣病にかかりやすくなったりします。
免疫は、病原体から体を守ってくれるものです。
免疫力の高い健康な体作りをしましょう。

免疫力を高くするには、

バランスの良い食事をとることが大切です。
そして、体を温めて血流を良くすると、
免疫細胞の働きが良くなります。
そのためには運動も必要です。

免疫細胞は腸に集まっているので、
腹八分目を心がけ、発酵食品を食べて、
腸内環境を良くすることで、免疫力が上がります。

食事の時にはよくかんで食べ、

必要な栄養素の消化吸収を良くするように心がけてください、
かむ習慣を身につけることは、食べ過ぎ防止にもなります。

以下の食品は免疫力を高めるものです、ぜひ献立に加えましょう。

しょうがージンゲロールの成分が血行を良くします。
ヨーグルトー乳酸菌が腸内環境の環境を整えます。
長いもームチンがたんぱく質分解酵素を含みます。
しらす干し、こうなごー核酸が細胞の新陳代謝を良くします。
海藻類ー食物繊維が腸内細菌を育てます。

しょうがは調味料としてしょうが醤油や炒め物の隠し味に、
ヨーグルトはフルーツにかけてデザートに、
長いもは千切りにして醤油をかけて、
しらすはご飯にかけるなど、
海藻類はドレッシングをかけてサラダにすると簡単な一品になります。