アンチエイジング!老化を防いで美しく年齢を重ねる為の食事

白い花びらとピンクの雄しべ(マクロ)

最近、アンチエイジングという言葉がよく使われています。

本当は抗老化という意味なのです。
老化はとまるものではありません。
老化が進まないように、
健康でいることは可能です。
食事によって、美しく年齢を重ねて、
今の健康を維持することが大切です。

老化とは遺伝的な部分と体の成分の酸化が原因です。

老化を防ぐのは、体内の活性酸素を増やさないことです。
呼吸によって、酸素を取り込んで栄養素を燃焼していますが、
この時に活性酸素が発生します。
活性酸素は、脂質やたんぱく質、核酸などを傷つけて、
過酸化脂質を発生させるのです。

では、どうして活性酸素が増えるのでしょう?

それは、栄養の偏った食事にストレス、タバコ、アルコールの飲み過ぎ、
そして紫外線、排出ガス、農薬も原因なのです。
過酸化脂質は血管を傷つけて動脈硬化を起こしてDNAを突然変異させてしまい、
がんなどの病気の元になるのです。
他にも、シミやシワ、くすみなど、肌にも影響します。
外見の老化は体内の老化が表れたということなのです。

体内の活性酸素を減らす方法としては、

抗酸化物質を含む食品をとることです。
β-カロテンやビタミE、ビタミンCは、
抗酸化ビタミンと呼ばれていますので、
積極的にとりたいものです。
野菜や果物の色の成分となるカロテノイドやフラボノイドも
抗酸化物質の代表的なものです。
濃い色の野菜や果物に含まれていますので、
積極的にとりましょう。

若々しくいるためには、ケガにも気をつけたいものです。

ケガをしやすい体質には原因があります。
骨がもろい、筋肉がたりない、関節がかたいのです。
筋肉をつけ、骨を強くして、体をやわらかくすることで、
ずいぶんとケガは防げます。

食事の時に、カルシウムとマグネシウムを意識してとりましょう。

カルシウムは筋肉の痙攣を防ぎ、
マグネシウムは筋肉の収縮を助けます。
おすすめの食材は、牛乳、小魚、海藻、緑黄色野菜、大豆製品、アーモンドです。

丈夫な骨を作るためには、カルシウム、たんぱく質、マグネシウム
ビタミンB群、ビタミンDをとると良いです。

筋肉や骨だけでなく、腱と靭帯を強くすることもケガを予防します。
これにはコラーゲンが必要です。
コラーゲンが不足すると、肩や腰、ひざの関節炎に悩む人が多くなります。
コラーゲンと一緒にビタミンC、グルコサミン、コンドロイチンもとると良いです。

腱と靭帯を強くするのにおすすめの食材は、
豚足、牛すじ、果物、緑黄色野菜、カキ、ウナギ、ゴマ、納豆、オクラなどです。