目の周りに黒いものが飛んでいると感じたら飛蚊症かも

緑とお花

油断禁物!何か大きい病気の原因の可能性あり

はじめに

飛蚊症とはどういったものでしょうか。

文字通りの症状の様な感じをうけますが、具体的にどういったものなのでしょうか。

治るものなのか治療が必要なのか分かりにくいところがあると思います。

それでは症状と原因や治療方法などについてまとめてみました。

1、症状と原因について

症状について

症状についてはまさに病名の通りで、「蚊が飛んだ感じに見える」ものです。目で見ているといつも黒いものが飛んでいる感じが見えるといった感じです。

見え方としては、

・点状のもの

・糸くず状のもの

・虫状のもの

・光のような、煙状のもの

です。

だいたいは加齢に伴う老化現象のひとつと考えられていますが、なかにはこの症状が他の重大な病気のサインの場合があります。

原因について

原因についてですが、大きく二つが考えられます。

・加齢に伴うもの

・他の重大な病気が原因のも

・加齢によるもの

目の内部の硝子体というゼリー質のものがあります。年齢とともに、白く濁ってくる為のものが原因となります。硝子体の繊維質の部分が水分質の部分から離れて、独立して繊維質が固まりとなりふわふわと水分質内に浮いている状態が蚊が飛んでいる様に見えるといったことになるそうです。

加齢によるもので基本的には病気ではありません。

・他の重大な病気が原因のもの

1、網膜に穴が開いた状態(網膜裂孔)や、網膜がはがれた状態(網膜剥離)の時

痛みがありません。蚊飛んでいる状態が見えたり、視界のなかに常に光のような感じが見えたりします。

2、硝子体からの出血

糖尿性網膜症や網膜静脈症といった失明や重大な視野欠損につながる病気の可能性があります。

症状的には、蚊が飛んでいる感じが見られますが、出血が大きく広範囲に広がってくると、色が濃くよりはっきり見えてきてくることがあります。

3、炎症(ブドウ膜炎)

硝子体がにごってくることがあり、虫が飛んでいる状態見えてくるようになります。

※ブドウ膜炎→原因は多くあり、外部からの最近や免疫力低下為の異常などさまざまで、原因が特定できず、治療に時間がかかる病気のひとつです。

2、治療方法について

・加齢によるもの

加齢による病気ではないものについては、治療といったものは特別になく、対処方となります。(気にならないよう対応する)

・病気が原因のもの

根本となる病気を判定して、その病気の段階に合わせた治療をする必要があります。

(治療をしたからといって症状が無くなるとは限りませんが)

例えば、網膜に穴があいている場合は、レーザー治療で穴をふさぐ治療をします。

3、予防方法について

予防については加齢の予防となりますので、老化を防ぐ為には酸化を防ぐことになります。

それでは「酸化」をしない為には、

・抗酸化物質を積極的に取り入れる

→緑黄色野菜・果物

ビタミンCを含む食品→ほうれん草、ブロッコリー、トマト、オレンジ、レモン、キューイーフルーツ

ビタミンEを含む食品→ナッツ類(食べ過ぎに注意)、うなぎ

ポリフェノールを含み食品→赤ワイン(飲み過ぎに注意)、ブルーベリー、ブドウ、豆腐、しょうが

→サプリとしてルテインを服用する

・ストレスを溜めない

・タバコを控える

・目の疲れる作業を連続でしない

などといった日常的な生活習慣の改善によるものが大きいようです。

おわりに

飛蚊症は加齢に伴う老化現象のひとつとも考えられていますが、病気的な場合もありますので、症状が現れた時は一度眼科で検査をすることお勧めします。
病気の場合ですと初期の段階ということで、早期発見できることで視力低下の維持につながります。

病気でない場合でも、日頃の生活習慣改善で、他の病気の予防と防止にもつながりますので日頃からの心がけが大切と言えそうです。