欧米人の失明率上位1!歪んでものが見える病気、加齢黄斑変性病(老人性)

カモミール

はじめに

加齢黄斑変性病と聞かれてあまりイメージ出来ないと思います。

欧米の方の失明の原因の上位の病気だそうですが、日本人にとってはなじみが薄い病名ですが、最近は食生活の欧米化に伴い多くなりつつあり、また日本人では男性の方が多いと言われています。

最近では目乃病の症状として増えてきている病気のひとつで、難病指定としても挙げられています。

それでは、加齢黄斑変性症の症状と原因、予防法などについてまとめてみました。

症状と原因について

症状としての特徴は
・見える景色が歪んで見える
(特に通信部分がグニャと曲がって見える)

・中心部分が黒くなって見えない

・視力低下

・症状が進むと色彩の区別がつかなくなる

などです。特徴的な症状としては「歪んで見える」ことです。

原因としては、目の網膜にある黄斑部(網膜の中央部分)や網膜の下にある網膜上皮色素細胞が加齢に伴って起こるもので、

・組織が委縮して起こるもの

・近くの血管(新生血管)からの出血によって起こるもの

が原因と言われています。

※新生血管とは
網膜に向かって、通常な血管から分岐して、新しく血管が出来ること(新しく出来る血管は細くもろい為障害が起きやすい)

治療方法について

※治療の目的としては、現在の病気の進行を抑えて、視力の維持といったものになります。

委縮タイプについての治療については現在のところははっきりとは分からず、ありません。

症状的には緩やかに進行していく感じのものです。

出血が原因については、その出血の箇所や症状によって様々な治療法があります。

・服薬投与

抗VEGF剤→新生血管の抑制の薬を眼球内の硝子体内に注射します。
症状によって注射をする回数は違ってきます。

※抗VEGF剤・・・新生血管ができる原因の物質を抑える抗体

・光線力学的治療・PDT治療

体内に専用のレーザーに反応する光増感剤(ビスタイン)を投与(注射か点滴か)してから専用のレーザーを当てて治療すること

治療は短い時間のものですが、手術後は直射日光に注意を要する期間があります。

術後経過観察の為2,3日入院の可能性があります。

※詳細につては医師に確認をお願いします。

主な治療についてはこちらが多くありますが、それ以外では、

・レーザー治療
 新生血管の出血部分をレーザーで固めるもの→他の組織のダメージがある場合があります。

・新生血管抜除術(手術)

などがあります。
 

予防方法

 
 欧米人に多い病気の為、また男性に多い傾向がある為に予防方法としては

・バランスの取れた食生活(脂の多いものは控える)

・緑黄色野菜・果物、ビタミンB、ビタミンC、亜鉛、βカロチンは加齢による酸化を防ぐと言われています。

・タバコをひかえる→酸化によるストレスを避ける為

おわりに

進行性の病気である、加齢黄斑変性症ですが、日常的な生活を改善することで、発症を遅らせる事や、症状の進行を緩やかにするこができそうですので、「不治の病」とあきらめず、生活習慣で改善できる所から見直すことが大切と言えそうです。