公共サービスを利用して抱え込まない介護を

ノウゼンカズラの花

家庭内で抱え込まない

親御さんが高齢となり、介護が必要となったと感じた時には、家庭内で抱え込まないで公共のサービスを利用する事が大切です。

まだ大丈夫だろう、なんとかなるだろう、ご近所に知られるのが恥ずかしいなどといった世間体を考えて、家族だけ、特に奥さんに負担がかかるような日々を過ごしていると、時には奥さんの体調も崩れてしまったり、親御さん自体の症状も悪化をするといった悪循環に陥ってしまう事があるのです。

決して恥ずかしい事ではありません。

国が公共のサービスと定めている事ですので、それを利用して家族の負担、または親御さんの過ごしやすい環境つくりができるようにしましょう。

介護を受けるには

公共サービスを受ける為には、まずその方がどの程度の介護が必要かという事を確認してもらう必要があります。

自治体に連絡をして、担当者に来てもらい面接のようなものを受けます。

そこで要介護認定のランクを認定してもらうのですが、この認定のランクによって受ける事ができる公共サービスの内容が変わってきます。

この時に良く聞く話として普段はできない事が、担当者の人が来た時はできたので認定のランクがさがっといった話をききます。

そのため普段の状況をしっかり家族が担当者に伝える必要があります。また想定したよりも低いと思ったら再申請も可能ですので、自治体に再度相談してみると良いでしょう。

その際は、ランクが想定したよりも低い場合もありますが

いろいろなサービスを利用する

公共サービスの中には1日の内の数時間を施設で過ごすデイサービスや数日間を施設で過ごすショートステイといったものがあります。

目を離す事ができない、または一人にしておくことに不安があると言った場合、その人の為に一日ずっと一緒に過ごすと行った事は、お互いにとって負担となります。

そうした時に、数時間でも自由な時間をすごす事ができるデイサービスを利用することで気持ちのリフレッシュ、また必要な家事、さまざまな家庭の用事などを済ますことができるので利用してください。

また時にはゆっくりと旅行などに行って心身ともにリラックス・リフレッシュする事も大切です。

そんな時にはショートステイを利用するのも良いでしょう。

無理をせずに日々を過ごす

一度介護が始まったら、それはその方が亡くなるまで続くものです。

悲しいお別れの日がゴールとなるつらい事ですので、そのつらい事を迎えるまでに疲れがたまらないように、無理をせずに家族がみんなで親御さんの日常を見守りながら日々を過ごせるようにしていきましょう。