緑内障って治る?初期発見がポイント!

花開く百合

緑内障について

高齢者の目の病気でよく聞かれるももの中で緑内障というものがあります。

現在では40歳以上の20人に一人は発症しやすいと言われ、失明の原因の病気のひとつです。

一度失った視野を元に戻すことは難しいと考えられまた、進行性の病気ですがポイントしては「早期発見」が大切と言われています。

では、具体的にはどういった病気なのでしょうか。

症状と原因について

まず症状(初期症状)についてですが、

・見ている一部が見えない
・見える視野が狭くなる
・目がかすむ
・目の痛み・充血・頭痛

などが一般的です。見ている景色の一部黒い影ができ見えない部分がある、見ている範囲が狭くなるが最大の特徴です。自分で片方の目を隠して見ることで、視野に欠けがある場合はわかりやすくなると思いますので、自分でまずチェックして、気になる方は一度眼科で眼圧などの検査をして判断することが大切です。

緑内障の原因については、 基本的には網膜神経細胞が死んで、脳細胞に物見るといった伝達機能ができなくなってしますことで視野欠損などが起こります。

細胞が死んでしまう原因としては、

・視神経の変形・欠如
・眼圧が高い
・生まれつき(遺伝性による)
・外傷によるもの(目を強くぶつける)
・生活習慣病との関連性

などがあり、原因として複数あると考えられます。
また、一度死んでしまった細胞は元に戻ることは難しいと一般的に考えられますので、一度症状とした視野の欠損を元に戻すといったことは難しく症状の進行を緩やかにするといった予防と改善策になります。

治療方法

治療方法として現在、点眼、服薬、レーザー治療、手術の4つですが、視野を元に戻すといったものではなく、現在の症状の進行を緩やかにすることと予防といったものになります。
まずは、点眼や服薬といったものから始まり、効果が表れない場合などはレーザー治療、手術での予防と防止となります。

治療としては、眼圧が高くならないようにして、視神経の変形を防ぐといったものです。

・点眼

モチロールマレイン塩酸(一般名)チモプトール
ニブラジロール(一般名)ハイバジールコーワ
などその他、複数眼圧をさげるものがあります。始めは1種類から効果が無い場合などは
複数組み合わせで処方されます。

・服薬

急性的に眼圧が高くなった場合に点滴等によって眼圧を下げる薬を投与することがあります。

・レーザー治療

点眼の治療によって効果が表れにくい場合にレーザーによる治療が行われます。
最近のレーザー治療では「レーザー虹彩切開術」が多いようです。

レーザーによって眼圧が上がる原因の房水の流れが悪い所に対して流れをよくする為に虹彩という所にレーザーで穴をあけて流れを良くして眼圧を下げる治療法です。

・手術

点眼、服薬、レーザー治療によっても効果が表れない場合には切開して房水の流れを良くするといったものになります。

予防法について

視神経が凹んだりしないように、普段から眼圧が上がって、視神経を圧迫しないようにすることが大切です。

  •  血流がよくなるように、バランスの取れた食生活を心掛ける(生活習慣病に注意する)
  •  目を使い過ぎないように、適度に目を休める
  •  ストレスを溜めないように、適度な運動、
  •  親類などで緑内障になった人が多い場合は日頃から日常生活や目の異常に気を付ける
  •  一定の年齢になれば年に1回眼科で眼圧などの定期検査をする

おわりに

眼圧が正常な場合の方は初期段階で緑内障といったことが分かりにくい場合が多いのですが、初期段階では日頃からの食生活や点眼などによって、日常生活で困らないような状態を保つことができますので、少し普段と違うと感じた時は早めに眼科医の受診をお勧めします。