シニアにお勧めしたい、iPadに最適なアプリケーション

タブレットを使う女友達

シニア層にiPadのイメージが掴みにくいのは、「何ができて、どのような便利さがあるのかが分かりにくい」というものがあります。
たしかに、iPadを購入したと考えて、目的がなければ何も使うことはありません。
しかし、ある程度やりたい事を決めて目的を持つことで、利用する可能性は無限に広がります。

ここでは、アプリケーションに重点を置いて、シニア層が欲しがっていると思われる機能追加についてご紹介していきましょう。

インターネットを楽しむための補助ツール

まず、iPadを使ってもらうパターンとして、インターネットがあります。
パソコンのように構えた装備ではなく、指でタッチすることで簡単に大きなサイズで閲覧ができる点を生かしている人が多いです。
しかし、インターネットは、情報を閲覧するだけではなく、無料動画やラジオを楽しむという方法もあります。

その際、お勧めしたいのが、You Tubeが閲覧できるアプリケーションです。
その名も「You tube公式アプリ」といいます。You Tubeで趣味の動画を楽しめるという利点と、基本利用は会員登録不要で無料だと言う安全性を兼ね備えた専用のビューアーです。
近年は、詐欺も多く、利用を控えている人もいることでしょう。
このアプリケーションは、ワンタッチでYou Tubeのみを閲覧できるので安心感があります。

同様の理由で、Gyao!のアプリケーションも無料でさまざまな動画が閲覧できるのでお勧めです。

また、TuneIn Radioというアプリケーションでは、よく視聴されるNHKラジオはもちろんのこと、さまざまな基地局のラジオが手軽に聴けます。
ラジオ世代だというシニアの方にもiPadを身近に感じてもらうと言う意味でもお勧めです。

iPadの画面の大きさを生かした趣味アプリ

iPadは、ただ購入しただけでは、ただの薄いディスプレイで終わってしまう恐れもあります。
インターネットがあまり好きではないと言う人には、ゲームアプリで楽しんだり、絵を描いたりするアプリケーションをお勧めします。

ゲームと言っても、壮大な冒険モノとかではなく、トランプゲームやオセロ、将棋などの一般的な盤ゲームモノがいいのではないでしょうか。
ゲームセンターアプリからはさまざまなゲームを検索し、インストールすることができます。

また、絵を描くツールでは、画面をなぞるだけでさまざまな絵を描くことのできるアプリケーションがあります。
たとえば、有料ではあるのですが、ArtRageなどがお勧めです。独特のタッチやアイテムで、オリジナリティある作品に仕上げることができます。

インターネットを使っているという感覚が苦手な方へ

インターネットは便利ですが、前述の詐欺やトラブルが引き金となり、利用するのを拒む年配者もいます。
そこで、利用用途は限定されてしまいますが、さまざまな目的に合わせた専門アプリケーションもお勧めです。

前述の動画閲覧と同様、ニュースに限定してチェックができるアプリケーションやスポーツの結果だけをチェックできるアプリケーションがあります。
これらを利用することで、余計な機能はすべて排除し、手あるにインターネットを楽しむことが可能です。

iPadを最大限生かすためには、アプリケーションを使った、その人なりの使い方を構築することが大切です。
使ってもらう人と良く話し合い、どのようなことをしたいのかを聞きながら、アプリを用意するといいでしょう。