iPhoneを買ったら初期サポートを忘れずに

app_30_mika_zed20150413_241921_30p

iPhoneを買ったら、まずはサポートをしてあげましょう

近年のアンケートによると、シニア層が一番欲しいスマートフォンはiPhoneだと言うことが分かっています。
それだけシニア層にも興味深い品物ではあるのですが、ガラケーから切り替えたときの使い勝手や初期設定が心配…。
ある程度は販売先でやってもらえるものの、最後は自分で…ということが多いiPhone、まずは周りの人がサポートすることをお勧めします!

まず、つまずくのは電話帳の移行について

iPhoneはアップル社の製品で、ほとんどのガラケーやスマートフォンと直接データをやり取りできないという難点があります。
もちろん、それも今ではアプリなどを用いて作業ができるようになっていますが、それを初心者のシニアにやれと言うのは無理な相談です。
iPhone側の設定はどれも同じだったとしても、その前の作業は携帯電話によって違いますし、さまざまなデータ取り出しの方法があるので、迷ってしまいます。

そこで、電話帳の移行については、周りで分かる人がやってあげるのもひとつです。
親子であれば、ひとつのコミュニケーションにもなりますし、これから始めていく人のためにも大切な第一歩となることでしょう。

電話やメールの基本的な使い方を教えてあげましょう

電話やメールなどの基本的な操作は、携帯電話会社でも少しは教えてもらえます。最低限の機能が使えなければ、それはただ電話を受けられる機械に早代わりしてしまうのです。
電話帳を入れたら、電話帳はここから見られるということを教えてあげると共に、電話のかけ方を改めて確認をします。
そして、メールに関しては基本的な画面の意味を教えてあげて、自分にメールを出してもらうところまで確認をするといいでしょう。

その他、写真やインターネットに関しては順々に覚えてもらうとし、まずは基本機能の最低限のラインをマスターしてもらうようにします。

なお、メールはメールアプリでもいいですが、もっとシンプルに、簡単に操作をしてもらうのであれば、メッセージアプリを利用してもいいでしょう。

操作中に分からなくなってしまったらどうしたらいいか?

操作中に分からなくなってしまって、最初の画面に戻りたい!というシニアの方は多いです。
今までは電話終了のボタンで全部元に戻っていたのに…という事があります。
画面下部の真ん中あたりについている「ホームボタン(Touch IDボタン)」の基本的な使い方を教えておくといいでしょう。
これが分かっているかどうかで、これからのiPhone生活に大きな差が出てきます。
普段、アプリを終了するときにも使うボタンですが、万が一のおまじない的な形で話をしてあげると気持ちが楽になるでしょう。

年配者がiPhoneを使うに当たり、初期のフォローと困ったときの操作に関することが重要になります。
興味はあるけれど、なかなか踏み出せない年配者のためにも、さまざまなフォロー体制を作っておきたいものです。