高齢者や初心者にはMacがお勧め!その理由とは?

タブレットを使う女友達

パソコンが苦手な人にとって一番の苦痛は、「パソコンに使われている」感がすることです。
初心者にMacを勧める理由は、直感的にパソコンを操作し、楽しめる感覚があるということでしょう。
Windowsが悪いというわけではないのですが、ここでは、Macを使っていく上での利点について紹介していくことにしましょう。

まず、パソコンを使っている人が何を使っているのか考える

実際に、パソコン教室でやっているようなことと言うのは、家で本格的に使うと言うことは少ないでしょう。
便利は便利なのですが、年中ハガキ作成をしているわけではありませんし、文書や票を作成しているという人は少ないはずです。

そこで聞いてみると、ハガキは時期によって作成、あとはインターネットで情報を閲覧するかメールでお友だちとやり取り等の作業が多いのが現状です。

何を使ったらいいか迷ってしまうということもありません

Macは、日本製のWindowsのような細かいソフトのインストールがされていません。
あまりたくさん入っていると何をしたら良いのか迷ってしまう人もいます。
Macは、その点シンプルに構成されているのが魅力です。
ハガキ作成には専用のソフト購入が必要になりますが、インターネットやiPhoneの同期などは面倒な操作なく、手軽に作業ができます。

また、デジカメのファイルを管理できるソフトも利用できますので、旅行やお出かけが多い年配者が写真を直感的に管理するのにも最適です。

面倒なメンテナンスも少なく利用できるのが魅力

Windowsユーザーで多いのが、「こんな画面が出たのだが、大丈夫か?」といったような、通常利用とは関係のない画面に戸惑うことです。
実際にはほとんどの場合がたいしたことなく、OKをクリックしておけば問題ないのですが、そこで対応に追われてしまうことがあります。
Macでは、必要に応じて更新の必要性はあるものの、あまりうるさく操作を阻害するということは少ないです。

パソコン初心者の方にとって、あちこちからさまざまな横文字が入ってきてしまうことは、せっかくのパソコンを覚えようという意欲を萎えさせてしまうものです。
いつも通りMacを利用できることで、「今日はコレをやろう」と意欲的に活動することができるようになります。

パソコンはiPhoneやiPadを管理するだけでなく、ディスプレイも大きくて画面が見やすいというのも魅力です。
しかし、その一方で、世間はWindowsユーザーが多く、サポート面がこれからの課題でしょう。
Macを勧める場合には、フォローをできる体制を整え、挑戦してもらうことをお勧めします。