介護職に必要な資格や仕事内容

すだれと赤い花

増え続ける高齢者の数と介護の需要

日本は高齢化社会と言われますが、この傾向は今後さらに加速していくと考えられていて、10年後には要介護者の数は現在の1.5倍になると予想されています。

そうなれば、当然ながら仕事の需要は現在よりも大きなものとなりますし、果たすべき社会的役割も重要なものとなります。

介護職のやりがい

将来は高齢者施設で働きたいと考えている人もいるでしょう。

この仕事は体力的にも精神的にも厳しい仕事ではありますが、それだけにやりがいも大きな仕事です。

実際、現在介護職に就いている人の多くは働きがいのある仕事だと感じています。

どんな部分にやりがいを感じるかは人それぞれに異なりますが、一番は人と人との信頼関係の中で仕事が行われるということです。

高齢者一人一人はそれぞれに健康状態が異なりますし、性格も異なります。

そういった中でコミュニケーションを上手に取りながら、本当に必要なサービスを提供し、高齢者に「ありがとう」という感謝の言葉をもらうことは、何よりの喜びといえるでしょう。

また、政府も様々な支援事業への取り組みなど福祉政策に力を入れ始めているので、待遇面でもこれまでより良い物が期待できるでしょう。

介護の仕事の内容

介護士の仕事は高齢者が快適な生活をおくることができるためのお手伝いということになります。

ここには朝起きた時の離床介助から食事介助、排泄介助と数多くの仕事が含まれます。

また、悩みを持った高齢者の相談にのることなど精神的なケアも大切な仕事です。

さらに、施設内で行われる催し物やレクリエーションといったものを開催したりするのも仕事の1つです。

このような数多くの仕事をテキパキとこなしていく能力が求められます。

介護職に就くための資格

高齢者施設での仕事に就くためには資格を取得するのが一番の近道です。

代表的な資格としては介護福祉士や社会福祉士といった国家資格があります。

また、民間資格であるケアマネジャーや施設で事務業務に当たる介護事務といった資格もありますし、さらには、施設で働きながら知識や技術を習得していく職員初任者資格というものもあります。