介護職の資格の種類

ストロベリーアイス(薔薇)

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は平成25年に新しく創設されたヘルパー資格で、従来はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。

初任者研修という名称からも分かるように、ヘルパーとして働きたいという人の入り口となっている資格で、施設や在宅の業務に必要とされる基本的な知識・技術を習得することが目的となります。

この資格を所持していることで特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの福祉施設への就職が可能となる他、地域のボランティアや家族介護などの場面でも身に付けた知識を活かすことができます。

介護施設(老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅)や医療機関はもちろん、個人宅での食事・更衣・入浴・通院の介助などをサポートするお仕事です。

受験資格はなく、難易度も高くはありません。

実務者研修

この資格も平成25年につくられた資格で、従来のホームヘルパー1級と基礎研修資格を一本化した資格です。

初任者研修の一つ上の資格になり、より質の高いサービスを提供するために必要な医学的知識を学んだり、実務研修を行います。

施設などで働く人にとってはキャリアアップのために大切な資格となります。

この実務者研修は、国家資格である介護福祉士を受験する際、必要なものとなる予定です。

法律の動きに左右されるかと思われますが、受講されていて損は無いと思われます。

移動介護従事者(ガイドヘルパー)

ガイドヘルパーは外出が困難な高齢者や障碍者が外出するときにサポートを行うのが主な仕事です。
外出介護従業者とも呼ばれます。
ガイドヘルパーの中にはいくつかの種類があり、視覚障害者の外出サポートを専門に行う人や、歩行に障害があって移動するのが困難な人のサポートを行う人、知的障害者の外出サポートを行う人などがいます。

ガイドヘルパー資格は地方自治体ごとに受験資格が異なり、養成研修講座の受講が必要なところもあればないところもあるなどバラバラなので、資格取得を考えている人は確認が必要です。

介護を必要とする人の数は年々増加しており、それに伴って介護への知識や技術を持った人の需要も高まってきています。

数ある介護関連の資格の中でも、要介護者が豊かな生活を営むために必要な資格として「ガイドヘルパー」があります。

これは、目が不自由な人や自分の足で動くことができない人たちの外出をサポートするための資格で、「外出介護員」とも呼ばれます。体や視覚・聴覚が不自由だと、どうしても外出するのをためらってしまいがちです。

しかし、ずっと家にいるよりも、外に出て様々な刺激を得た方が脳にも体にも心にも良い影響を与えます。

介護が必要になっても楽しく生きられるために、ガイドヘルパーは欠かせない資格となっています。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

ケアマネジャーの仕事は介護が必要な高齢者に対して適切なサービスが受けられるようにケアプランを作成したり、調整を行うことです。

サービスは公的なものから民間のものなで含めると膨大な数があり、その中から本当に必要なサービスだけを選び出すというのは専門的な知識がないと難しいため、ケアマネジャーがその調整役を行います。

2015以降、ケアマネージャー試験の見直しがされる予定です。
今のところ予定ですが、ほぼ間違いないでしょう。

試験制度が変わって受験資格が厳しくなるなどの制度改革が行われています。

ケアマネ試験の変更内容

受験資格

①特定の国家資格を持っていて実務経験がある
②相談援助業務従事者で実務経験がある。

2014年のケアマネ試験でホームヘルパー2級等の資格も持っていて定められた実務経験を満たしていた方でも、2015年以降は受験が出来なくなる事が見込まれています。

その他

保有資格に関わらず解答免除が廃止され、全科目での受験が必要になります。

2015年には介護保険制度が変更されるので、今までと出題内容も変わってきます。

ケアマネの研修カリキュラムは2016年以降に延長されます。

これから取得を考えている人は注意が必要です。

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターはその名の通り、高齢者とコミュニケーションをとって悩みの相談にのったり、時には心の癒しを与えるお仕事です。
仕事場所は主に病院や福祉施設など。

受験資格は特になく、難易度も高くはありません。
高齢者コミュニケーターのコミュニケーション技術は高齢者だけでなく、様々な人との会話に役立つと人気がでてきています。

あまり聞き慣れない資格ですが高齢者コミュニケーターとは、高齢者の気持ちを理解する為に「聞き方・話し方」の技術を身に付ける事により、深いコミュニケーションを図る事ができる資格です。
介護の現場ではもちろん、カウンセリングにも応用できるので、現在介護の現場で働いている人のスキルアップにも役立ちます。

高齢の祖父母がおりますが、介護するようになって高齢者コミュニケーターという資格があると知りました。
高齢者の方と話す(意思疎通)時に、話し・聞き方のカウンセリング技術を学んだ人の事を指すようで、この資格を持っている方は高齢者施設でも重宝されるみたいです。
資格は体験で得る為、大抵は受講だけで難しい試験はないようです。

福祉住環境コーディネーター(1級~3級)

高齢者が自分の住み慣れた家で過ごせるよう支援する資格として「福祉住環境コーディネーター」があります。
例えば足が不自由になったからといってすぐに人の手を借りるのではなく、どうすれば自分の力で今までのように生活できるかを考え、住環境を調整しその人らしい生活を支援していきます。
難易度に応じ1~3級があり、必要に応じ受験することが可能です。

音楽療法士

現在の日本ではまだ国家資格に認定されておらず、職業として成り立っている人はごく一部ではあるが、ヘルパーや作業療法士と兼務で行っている場合もある。高齢者における音楽療法は、音楽を使用し、情動の発散や安定、リラックス効果が期待できる。また、昔懐かしい曲を演奏すると、認知症の方でも歌詞がないのに歌えたり、昔の話を思い出して話したりする。そのような効果を引き出すのが音楽療法士の役目である。また、普段寝たきりの生活になってしまっている方には、小さな楽器を持って頂き、音楽に合わせて鳴らして頂くのも刺激や運動の一つになる。長期記憶を音楽で刺激することで眠っていた感情が出てくるので、高齢者にとってとても良い時間を過ごす事ができる。まだ音楽療法士は日本に確立していないが、これからの高齢社会にとても必要な資格だと感じます。

介護福祉士

介護福祉士は社会生活を営む事ができるようにサポートし、その家族への指導ができる資格です。
資格を取得する為には、施設などでの実務経験が3年以上必要です。
その為、施設などで働きながら取得を目指す人が多いようです。
介護関係者には広く認知されている国家資格なので、信頼感や評価を上げる事ができ現場で求められています。
介護職のプロとして、また現場での管理職として活躍できます。
高齢者の心身をケアし、生活をサポートしていくとても重要でやりがいのある仕事だと言えます。

その他資格

・社会福祉士
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・福祉用具専門相談員
・居宅介護従業者
・重度訪問介護従業者
などがあります。