高齢者問題点の多い老老介護

クローバーの家

高齢者問題は様々なものがあります。

その中でも一番問題になっているものは老老介護ではないでしょうか。

昔と違い、長生きする人間が増えています。

また、健康志向という世の中でどんどん高齢者が増え続けているのです。

少子化と言うのも問題です。

子供がいない夫婦は当然夫婦間だけで介護をしなければいけなくなってきます。

施設等に入れてしまえば費用の問題だけで他は特別困ることはありませんが、中には施設にはいりたがらない人もいます。

こうなってしまうと高齢者が高齢者を看なければいけないことになるのです。

これは何も子供がいない夫婦だけの問題ではなく、子供がいても家族の関係が希薄になっていると老老介護という事態に発展していきます。

介護というのは、とてつもなく大変なことなのです。

日本人の特徴なのかもしれませんが、老いている人で介護が必要な人のほとんどは、家族や介護士に自分が迷惑をかけているという気持ちをもっています。

何も長生きしていることが悪いことではないのに、生きている自体が悪いという気持ちでいるのです。

これはとても寂しい感情ですよね。

施設に預けてるような人は、それでも心も体にも余裕があります。

しかし自宅介護の形をとっている人は大変です。

24時間看護しているのと同じですから・・年齢が上にいくほど体力にも限界が出てきますし、疲れも抜けきらないものです。

結果的には介護をしている側が疲れ果ててしまうケースがほとんどです。

年老いた人間が年老いた人間を看て行くとうことがどれだけ大変なのか、こうしたことを若い世代の人たちには理解をして欲しいと思います。

誰しも必ず同じように老いは来ます。自分は大丈夫だと考えていても悲しい事に老いはくるのです。

高齢者の増加と核家族化、そして少子化という大きな問題点を改善していかなければ、今の日本の福祉はどんどん悪い方向へ向かっていってしまいます。

介護士側の意見としても、もっと待遇をよくして人員を確保して対応にあたることが、負担を減らしながら最善の介護をしてあげられるのではないでしょうか。

老老介護という言葉も、今の時代を適切に言い表した言葉だと思います。

こうした問題はなかなか解決することはありません。

老いた人間が介護をしていくということが、どれだけ大変なものかは、経験したものにしかわからないでしょう。

しかし、少しでも負担を軽くしてあげられるものだったら、施設の状況もそして子供を安心して産める社会へと日本も変わっていくべきだと思います。

こちらの記事もどうぞ
老老介護の理想形 ~幸せな結末~
訪問介護のすすめ
遠くの親戚より、近くの役所