高齢者の便秘の原因は、その人によって違ってきます。

青空と桜の木

高齢者が便秘になる具体的な原因

高齢になると、体の筋力は衰え、内臓の働きも衰え、神経も衰えてきます。
こういったことが重なって、高齢者は便秘の悪循環にはまってしまい、そのため、さらに健康の質を落とすということがよくあるのです。

では高齢者が便秘になる理由とは、何か、具体的にあげてみましょう。

1 腹筋や内臓筋の低下

便を外に出すのには、腹筋が要りますよね。
おなかの力が必要なのはそれだけではなく、腸をしっかり支えることで、しっかりした便が作られるからです。
腸の筋力も同じで、腸の筋力が落ちて、たるんでしまうと、便を外に押し出す力、快便を作る力がなくなってきます。こうして便秘になるのです。

2 神経伝達能力の低下

年を取って衰えるのは、筋力だけではありません。脳の信号を体に伝える力が弱くなるのです。
つまり「排便したい!」という脳の声が小さすぎて、腸に届かず、そのまま排便を我慢することになってしまい、便秘の習慣がつくという悪循環になります。

3 食事量の低下

高齢になると、食事の量が減ってきます。そうすると便が増えず、お通じの習慣が減ります。腸の中に便が溜まらないので定期に外に出せないんですね。
また消化するものが少ないので、腸が働くための血流も低下します。そしてよけいに排便する力が落ちるのです。

4 水分補給の低下

高齢になると、体内の乾きに気付きにくくなると、よく言われますが、食事同様水分補給も減ります。
またトイレが近くなるのが嫌だ、という理由で、水分を控えめにしがちです。
そうすると、良い便が出来ません。便というのは粘土に似ていますが、粘土と同じように適度な水分を含むことで、外に出しやすい「いい便」が作れるのです。

5 薬の服用

高齢になると何かしらの持病が出てきます。そして何かの薬を常用している人も増えますが、薬の中には、便秘になりやすい副作用を持った薬もあります。
抗うつ剤や高脂血症対策の薬、利尿剤など高齢の人に処方されやすい薬が、かなりあるのです。

6 持病がある

高齢になると、それだけ健康のトラブルも増えます。大腸ポリープや大腸がん、腸閉そくは、腸を狭くしてしまいます。すると当然便が通りにくくなります。
逆にいうと、便秘があまりにひどい場合はこれらの病気を疑う必要があります。

また便秘が長く続くと、それだけ腸を傷めます。そして便通が悪くなるだけで無く、腸の病気を呼び込むのです。

7 運動量の低下

高齢であっても、筋力をある程度鍛えれば、腹筋や腸の筋力の衰えは防げますが、高齢者の場合、腰やひざを傷めたという理由で、体を動かさなくなります。
新陳代謝が落ち、腸の働きも落ちてきます。

このように高齢者は便秘になるべくしてなっている、と言っても過言ではないのです。