高齢者はなぜ便秘になるのか?

カモミール

切羽詰まってトイレに行っても出るはずのものが出ない、おなかが張って苦しいという便秘持ちの人は、周囲に必ずいますよね。

かと思えば「10日くらい出ないこともよくあるんだよね」と平然と言う人もいますね。

そもそも便秘というのは、どういう状態を指すのでしょう。

理想のお通じは1日1回と言われていますが、2,3日に1度でも本人が苦にならず、健康な腸の状態を維持できていれば、便秘ではありません。

定期的に、いい固さや量のお通じがあればよいのです。

逆に言うと、お通じがあっても「うさぎの糞」だったり、おなかが苦しかったり、10日も出なかったりすれば、すべて便秘と言えます。

便秘というと若い女性のイメージがありますが、最も多いのは高齢者です。

そして高齢者の便秘は、生活にかなりの悪影響をもたらしてしまうのです。

まず、どうして便秘になってしまうのか考えて見ましょう。

最大の理由は、筋力の低下です。

腹筋などの体の筋肉から、大腸などの内臓の筋肉まで、排便のために必要な筋力がすべて衰えてしまうために、便を外に出せなくなってしまうのです。

女性の便秘が多いのは、元々筋力が弱いためです。

このようなタイプの便秘を「弛緩性便秘」と呼びます。

腸が原因になる高齢者の便秘の種類

内臓の筋力が落ちてくると、腸が緩み、たるんでしまいます。

ゴムホースの想像をしてみましょう。新品でピンと張りつめたホースに、水を流すと勢いよく水が出ますね。

またモノが詰まっても水を流せば、すぐに元に戻ります。

逆に、傷んでふにゃふにゃになってしまったホースは、とても水の通りも悪く、何かが詰まってしまったら、簡単には治りません。

高齢者の場合、ホースを支えるはずの体の筋肉も、当然老化で衰えてしまいます。

ふにゃふにゃなものを、ふにゃふにゃと支えているため、排便に必要な力が入りません。

このように、腸全体が緩んだ状態になるため「弛緩性」という呼び名なのです。

弛緩性便秘になる理由は、ただ「緩んでしまって押し出せない」ことだけではありません。

快適な便は「バナナの形」と言いますが、便がバナナの形になるためには、適度な水分を含み、体内で要らないものをバナナ型にまとめる作業が必要です。

つまり、一定の時間、便が体内に留まっていてくれないといけないのですが、先に書いたように、高齢者の腸は緩んでいます。

特定の場所に、きちんととどまる力が無いため、便の中にしっかりと水分を取り込むことが出来ず、バナナ型の便を作ることが出来なくなります。いわゆる「うさぎの糞」しか出なくなったりするのです。

バナナ型の便は、不純物を外に押し出すのに1番適した形なのですが、緩んだ腸では「出しやすい便」を作ることが出来ないのです。

こうして腸のあちこちに、中途半端な便が溜まりっぱなしになります。

更に便が長い間、腸の中に留まっていると、どんどん体に有害なガスを出し、腸の中に溜まっていきます。

溜まった便とそこから出るガスのために、どんどん腸が狭くなり、余計に便の通りが悪くなります。

こうして、どんどんと便秘が悪化してしまうのです。

こうして便秘が慢性化すると、おなかの調子が悪いことで、出不精にもなり、運動する意欲や食欲も落ちてきます。

そうすると、よけいに腸や内臓の筋肉は落ち、それを支える腹筋も落ちてきます。

おなかの調子も悪く、生活の質が悪い状態で、おいしく食事をとることが出来るはずがないですよね。

こうして高齢者は、内臓機能の低下も手伝って、小食になります。

すると、腸内に入るもの自体が減るため、よけいに便秘がひどくなります。

また高齢者は、体内の水分量が落ちるため、人一倍水分を取らなくてはいけないのですが、小食になってくると、それも出来ない状況になってきます。

水分量の維持が出来なくなると、「うさぎの糞」しか出ず、すっきりした排便の感覚が得られず漠然と便秘の不快感を抱えた生活を送ることになります。

またこういう状態で生活を続けると筋力は更に衰え、姿勢も悪くなっていき、余計に内臓が圧迫され、腸の力を弱めることにつながっていくんです。

若い人であれば、姿勢を良くして運動をして、食事をしっかり取ろうという生活改善は比較的本人の決意次第で出来るのですが、高齢者の場合、体や気力が衰えているので、生活の改善をするというのは、下の世代が思う以上にハードルが高いことなのです。

今回は弛緩性便秘が高齢者にもたらす影響を書いてみましたが、高齢者が便秘になってしまう理由はこれ以外にも、高齢者特有の条件がまだまだ多くあるのです。

便秘になる条件が非常に多く、改善方法も容易ではない、また長く便秘になることで、どんどん健康状態を悪化させ、生活の質が落ちていく、ひどい場合はその人の人生を狂わせてしまうと言っても大げさではないのが、高齢者の便秘の特徴です。

高齢者の便秘は「ただお通じの状態が悪い=治す努力をすればよい」という単純な図式ではないことを、まず頭に入れておいてください。

こちらの記事もどうぞ

高齢者の便秘が起こすリスクについて

筋力低下は便秘のサイン!便秘解消マッサージで病気予防

高齢者の便秘解消~生活習慣編

高齢者の便秘解消法~運動編