脂質異常症の原因と高齢者施設での対策

楓のつぼみ

高血圧や糖尿病とともに、生活習慣病として知られる脂質異常症。
脂質の異常も、動脈硬化を通して、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めるため注意が必要です。

今回は、脂質異常症の原因と、高齢者施設でできる対策についてまとめました。

3種類の脂質の異常

脂質異常症は、血液の中の中性脂肪やコレステロールといった項目が高くなった状態をいいます。少し前まで高脂血症と呼ばれていたのと同じ病気です。

脂質異常症には、大きく分けると下の3つの種類があります。
・中性脂肪が高い場合(150以上)
・LDL(悪玉)コレステロールが高い場合(140以上)
・HDL(善玉)コレステロールが低い場合(40未満)

それぞれの脂質の異常が、単独もしくは複数重なって現れると、脂質異常症であると判断されます。

脂質の値が高い状態が長く続くと、高血圧や糖尿病と同じく、血管の壁を傷めて炎症を起こす動脈硬化につながりやすくなります。とくに、LDL(悪玉)コレステロールが高いことは、将来の脳の血管が詰まったり(脳梗塞)や心臓の周りの血管が詰まったり(心筋梗塞)するリスクが高くなるため、注意が必要です。

生活習慣の乱れが主な原因

脂質異常症の原因は、主に生活習慣乱れや加齢が原因であるとされています。(別の病気の結果として起こることもあります)

以下のような生活習慣を長く続けると、年齢とともに、脂質の値、とくにLDLコレステロールが上がりやすくなるため注意が必要です。

・甘い物の食べ過ぎ・飲み過ぎ
・脂っこい食事の取り過ぎ
・乳製品の取り過ぎ
・お酒の飲み過ぎ
・運動不足
・喫煙

これらの生活習慣は、脂質異常症に特有の原因ではなく、高血圧や糖尿病、肥満にも共通した原因です。

また、日本人では、遺伝的にLDLコレステロールの高くなる、家族性高コレステロール血症の人が、ほかの国や地域に比べて多い傾向があります。この場合は、生活習慣を改善してもLDLが改善しないことが多く、お薬の服用が必要になります。

高齢者施設でできる対策

脂質異常症を持つ認知症高齢者のケアについて、高齢者施設では以下のような対策を取ることができると考えられます。

●お薬の飲み忘れを防ぐ
脂質異常症の治療でお薬を服用している高齢者では、しばしば飲み忘れてしまうことが起こります。お薬を服用している高齢者をケアする際は、お薬の種類や飲むタイミング、飲む量を確認してあげましょう。

●食事のバランスや間食に気を付ける
脂っこいものが多かったり、野菜が少なかったりすると、とくにLDLコレステロールが上がりやすくなります。また、甘い物が多い方では、中性脂肪が上がりやすくなります。さらに、「健康に良いから」と牛乳をたくさん飲む習慣がある方でも、コレステロールが高くなりやすい傾向にあります。

脂質異常症がある方は、普段の食事とともに、食事以外の間食や飲み物についても気を付けて見てあげるようにしましょう。

●適度に体を動かしてもらう
他の生活習慣病と同じく、脂質異常症の改善についても、適度な運動が効果的です。散歩や体操など機会をつくって、適度に無理なく体を動かしてもらいましょう。

脂質異常症も、高血圧や糖尿病と同じように、生活習慣から考えてあげることが必要です。
入居者に日々を健康的に送っていただくために、今一度、日ごろのケアを見直してみてはいかがでしょうか。