動脈硬化や認知症を予防する効果を期待できる、複合タイプのサプリメント「さえざえ」

さざえ

年齢を重ねて物忘れが多くなりうっかりして失敗をすることが増えると、認知症なのではないかと心配になる方がおられるかもしれません。厚生省の資料によると、平成24年の時点で65才以上の高齢者の7人に1人が認知症であるとされています。認知症の前段階であるMCIという状態の人も加えると4人に1人の割合になるので、認知症の不安は他人事ではないのです。

DHCの「さえざえ」は、物忘れが多くなり記憶力や集中力に自信が無くなってきた方におすすめのサプリメントです。

★ DHAとEPAの働きで認知機能の低下を抑え脳の委縮を防ぐ

DHA・EPAはオメガ脂肪酸とよばれていますが、サバやマグロなどの青魚に多く含まれており、血液の中のコリステロールや中性脂肪の値を下げて血液をサラサラにしてくれる働きがあります。血液がスムーズに流れるようになると血圧も下がるので、脳梗塞や心筋梗塞になるのを防ぐことができるのです。

また最近の研究で、オメガ脂肪酸DHA・EPAには高齢者の老化による認知機能の低下と脳の委縮を抑える効果があるということが分かってきました。血中のDHAの濃度が高い人ほど認知症を発症するリスクは少なくなりますし、EPAには脳神経細胞膜の機能を高める効果があるので記憶力や集中力を維持してくれるのです。

DHCのサプリメント「さえざえ」には、1日2カプセルにDHA103.5mg、EPA13.5㎎が配合されているので、血液の流れを良くして動脈硬化を防ぎ高齢者の認知症を予防する効果が期待できます。

★ イチョウの葉エキス・ギャバ・ホスファチジルセリン・レチシンが「さえざえ」な毎日をサポート

サプリメント「さえざえ」には脳や毛細血管の血流を促進するイチョウの葉エキスや、脳や神経をリラックスさせ血圧を下げる働きをもつギャバが配合されています。

また脳への血流を改善し脳細胞の働きを活発にするホスファチジルセリンや、アセチルコリンとよばれる記憶力に関係した神経伝達物質を作る働きを持つレチシンも含まれているので、年齢を重ねても冴えを保っていきたいと願う人をしっかりとサポートしてくれるのです。