太く丈夫な骨を守って骨粗しょう症を防ぐ「カルシウム+CBP」

カルシウム+CBP

私たちの身体では、古い骨から新しい骨へと常に新陳代謝が行われています。しかし年を取ると新しい骨を作る力が弱まり古い骨を壊す働きの方が強くなるので、骨が細く弱くなって骨粗鬆症を引き起こしてしまうのです。骨粗鬆症でもろくなった骨は骨折しやすく、寝たきりの原因にもなりかねません。DHCの「サプリメントカルシウム+CBP」は、骨を太く丈夫にしてくれる効果を持っています。

★ 足りないカルシウムをしっかりと補う

1日に必要なカルシウムの量は600㎎とされていますが、私たちが毎日の生活で摂っているカルシウムはだいたい520~550㎎程度で、ほとんどの人がカルシウム不足だと言われています。「カルシウム+CBP」には1日分で370㎎のカルシウムが含まれているので、不足している量を十分に補うことができるのです。

★ 新成分「CBP」でカルシウムを吸収・定着させる

せっかくカルシウムを摂ってもそれが骨に定着をして新しい骨を作り出す力にならなければ、加齢で細く弱くなっていく骨を太く丈夫にしていくことはできません。骨の材料となるカルシウムをたくさん摂るだけでは、お年寄りが骨折をする数は減らないという研究データもイギリスで発表されているのです。

DHCのサプリメント「カルシウム+CBP」に配合されている新成分CBPは、牛乳1リットルからわずか1.5㎎しか取れない貴重な天然にタンパク質ですが、CBPには新しく骨を作るためのカルシウムを吸収・定着させる骨芽細胞を活性化する働きがあります。ですからサプリメントでCBPを毎日12㎎を摂ることによって、加齢によってもろくなっていく骨の太さや密度を保つことができるようになるのです。

★ ビタミンDでカルシウムの吸収率をアップ

カルシウムは身体に吸収をされにくい栄養素ですが、ビタミンD3を一緒に摂ることで吸収率を高めることができます。またビタミンDには骨を破骨細胞の働きを抑え、骨を作り出す骨芽細胞の働きを助ける効果もあります。「カルシウム+CBP」にはビタミンDが配合されているので、カルシウムの吸収を良くし骨の強度を増すサポートをしてくれます。

噛んで飲み込むことができる美味しいミルク味のチュアブルなので、粉っぽさや不快な喉へのはりつきもなく、お年寄りでもおやつ代わりに簡単に取ることができて便利です。毎日カルシウムとCBP、ビタミンDを欠かさず摂って、骨折のもとになる骨粗しょう症を防いでいきたいですね。