高齢者向けのバリアフリー住宅

ピンク色の小さな花

歳を重ねると、それまで問題なく暮らすことができた住宅にも暮らしにくい面が多く見えてくるものです。

リフォームで補える点もありますが、最初からバリアフリーを心がけた住宅設計にしておくと高齢になってからも安心できるものです。

家の中で最も事故が起こりやすいところは階段です。

高齢者の生活スペースはできるだけ1階を主としておくと安心できますが、昇り降りする用事があることを考えておきたいものです。

階段の形状が一直線だと、もしも滑り落ちてしまったときに大怪我につながりかねません。

それを防ぐためには途中で踊り場のある形状にするか、踊り場のところで曲がるタイプの階段が望ましくなります。

路面の先端に溝を彫って滑り落ちにくくしたり、路面の色を変えることで踏み外しにくくしたりすることも有効です。
手すりは身体を支えるために掴みやすく連続して設置するようにしましょう。

廊下をつくる際には、車椅子で通ることを考えて有効幅800mm以上が望ましくなります。

床の仕上げについては何よりも滑りにくくすることを考えましょう。

壁は手すりをつけることを考えて下地補強を施しておくとお勧めです。

ただし廊下の両側に手すりをつけると歩くのは何とかできても荷物や家具を運び込むのが難しくなる場合があります。

こうしたときには本当に手すりが必要かどうかを最初に見極めるようにしましょう。

つかまるものが必要であっても、人によってはしっかり握れる連続した手すりでなくてもいいことがあります。

玄関についてはできるだけ段差をなくすようにしましょう。

濡れても滑ることがないようにすることも大切です。

年齢を増すと目や足腰が弱ってきますので、開けやすいドアにすることや、照明を充実させるようにしたいものです。

車椅子の人がいる場合にはスロープをつけると共に、開口部の広さにも注意が必要です。

台所については、高齢になると視力が低下してきますので、調理の際には天井照明と手元照明を組み合わせて、調理台やガス台面を十分に明るくするようにしましょう。戸建住宅では窓を大きくして昼間は自然光を採れるようにするのが理想的です。

浴室については、脱衣・洗面室との段差をなくすようにします。

すのこを置くと簡便ですし、バリアフリーの建具を採用すると理想的です。

自立して入浴できる高齢者であれば座りながら身体を洗える洗体台を設けるといいでしょう。

歩行が困難な場合には背もたれと車輪がついたシャワーチェアや入浴用のリフトを採用するといいでしょう。